林田正治

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

林田 正治(はやしだ まさはる、1892年8月[1] - 1979年12月14日[2])は、日本官僚政治家

衆議院議員(1期)、参議院議員(2期)、熊本市長(16代)、新竹州知事を務めた。

経歴[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『日外アソシエーツwhoplus』「林田 正治(ハヤシダ マサハル,参院議員(自民党))」
  2. ^ a b 朝日新聞』1979年12月15日 東京朝刊19頁
議会
先代:
天坊裕彦
日本の旗 参議院地方行政委員長
1966年
次代:
岸田幸雄
公職
先代:
第15代:1948年 - 1952年
佐藤真佐男
熊本市長
第16代:1952年 - 1956年
次代:
第17・18代:1956年 - 1963年
坂口主税