林皋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

林皋(りん こう、男性、1658年 - 1726年+)は、清朝前期の篆刻家である。

を鶴田・鶴顛。福建莆田に生まれ、江蘇常熟に住んだ。

略伝[編集]

清初、装飾性に走るあまり停滞した篆刻界にあって林皋は汪関に私淑し、時代に流されずひとりその法を遵守した。おだやかで、なお精巧な作風を確立し、惲寿平を筆頭に当時の大家の多くは林皋の印を用いている。莆田派に属する。

康煕12年(1673年)、『宝硯斎印譜』を出版する。

出典[編集]

  • 沙孟海 『篆刻の歴史と発展』中野遵・北川博邦共訳 東京堂出版、昭和63年、ISBN 4490201443。
  • 銭君匋・葉潞淵『篆刻の歴史と鑑賞』高畑常信訳 秋山書店<秋山叢書>、昭和57年。