林直明

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
林 直明
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 愛知県
生年月日 (1924-05-22) 1924年5月22日(92歳)
身長
体重
167 cm
60 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1946年
初出場 1946年
最終出場 1954年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

林 直明(はやし なおあき、1924年5月22日 - )は、元プロ野球選手投手)。愛知県出身。兄は同じくプロ野球選手の林安夫

来歴・人物[編集]

愛知県の一宮中学(現:一宮高校)卒。1946年に中部日本の監督になった竹内愛一に誘われ同チームに入団[1]4月29日の対セネタース戦では先発するも先頭打者から5者連続与四球の日本プロ野球新記録と1イニング6与四球のタイ記録。相手のセネタースの先発一言多十も13与四球という試合だったが、中部日本が4併殺と拙攻続きで、6対1で敗れている[2]。その後は石本秀一に従い[1]、1947年国民リーグに参加。結城ブレーブスで夏季リーグでは最多勝の12勝、秋季リーグ8勝。

1948年、監督に就任した石本とともに金星スターズ[1]、さらにシーズン途中に大陽ロビンスへ移籍。1948年は、年間通算12勝を記録。

その後大洋ホエールズ球団設立と同時に参加、1951年には球団最多の16勝をマーク。

1952年8月24日国鉄戦を最後に勝てなくなり、当時の日本記録となる18連敗を記録。1954年8月15日広島戦で勝利し、ようやく連敗を止めた。連敗記録は、1953年に洋松(大洋が一時改名)入りした権藤正利が、1956年に林の記録を更新。1957年には28まで伸ばしてようやく勝利している。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1946 中部日本 2 2 0 0 0 0 1 -- -- .000 24 3.0 6 1 10 -- 0 0 0 0 11 8 24.00 5.33
1948 金星 15 9 7 4 2 9 1 -- -- .900 403 102.2 77 4 26 -- 0 33 0 0 27 24 2.10 1.00
大陽 22 8 3 1 0 3 4 -- -- .429 472 104.2 129 10 41 -- 0 28 1 0 62 45 3.86 1.62
'48計 37 17 10 5 2 12 5 -- -- .706 875 207.1 206 14 67 -- 0 61 1 0 89 69 2.99 1.32
1949 2 1 0 0 0 0 1 -- -- .000 31 6.1 10 0 4 -- 0 0 0 0 5 4 5.14 2.21
1950 大洋
洋松
43 23 9 1 5 11 12 -- -- .478 1005 231.2 260 22 69 -- 1 78 0 0 136 97 3.76 1.42
1951 36 25 17 3 6 16 11 -- -- .593 936 227.1 227 10 36 -- 0 35 0 0 96 76 3.00 1.16
1952 34 17 6 1 0 11 10 -- -- .524 699 170.2 159 9 37 -- 3 33 1 0 68 48 2.53 1.15
1953 9 8 0 0 0 0 8 -- -- .000 167 33.2 57 4 13 -- 0 11 1 0 37 29 7.68 2.08
1954 19 13 4 0 0 1 10 -- -- .091 386 91.2 104 3 18 -- 0 31 0 0 49 36 3.52 1.33
通算:8年 182 106 46 10 13 51 58 -- -- .468 4123 971.2 1029 63 254 -- 4 249 3 0 491 367 3.40 1.32
  • 各年度の太字はリーグ最高
  • 大洋(大洋ホエールズ)は、1953年に洋松(大洋松竹ロビンス)に球団名を変更

記録[編集]

  • イニング最多連続与四球:5(日本記録) 1946年4月29日
  • ゲーム最多失点:14(セ・リーグ記録) 1950年6月7日

背番号[編集]

  • 13 (1946年)
  • 12 (1947年)
  • 16 (1948年 - 1949年)
  • 19 (1950年 - 1953年)
  • 8 (1954年)

脚注[編集]

  1. ^ a b c 大井廣介 『1949年版 日本野球の全貌』 有樂出版社、1949年、34、91頁。
  2. ^ 講談社刊 宇佐美徹也著「日本プロ野球記録大鑑」637ページ

関連項目[編集]