林道晴

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

林 道晴(はやし みちはる、1957年8月31日 - )は、日本の裁判官

概要[編集]

司法研修所事務局長、最高裁判所事務総局民事局長兼行政局長、経理局長、静岡地方裁判所長、最高裁判所首席調査官東京高等裁判所長官などを経て、最高裁判所判事。

当時、東京高裁判事だった岡口基一に対して分限裁判が申し立てられ、9月11日、最高裁にて分限裁判が行われた際、申し立ての責任者たる東京高裁長官としてこれを申し立てた。岡口判事に対して、ツイッターのツイートを辞めるように、そうでなければ分限裁判にかけると言ったが、岡口判事がこれを拒否した結果としての申し立てであった。裁判官の表現の自由を巡る問題として社会的に、特に法曹界で大きな話題を呼んだ。最高裁は岡口判事を懲戒処分に処したが、憲法学者、弁護士の中には反対の論陣を張るものもいる[1]

2020年12月23日、「袴田事件」で死刑が確定した袴田巌について、最高裁判所第3小法廷の林道晴裁判長は、再審・裁判のやり直しを認めなかった東京高等裁判所の決定を取り消し、高裁で再び審理するよう命じる決定をした。[2]

年譜[編集]

著作[編集]

  • ステップアップ民事事実認定(土屋文昭、林道晴/編) - 2010年12月 有斐閣
  • ライブ争点整理(林道晴、太田秀哉/編) - 2014年5月 有斐閣

担当訴訟[編集]

2020年(令和2年)9月8日、前橋市連続強盗殺傷事件の被告Tの上告を棄却した。[3]

脚注[編集]

[脚注の使い方]


先代:
金井康雄
最高裁判所首席調査官
2014年 - 2018年
次代:
尾島明