林閬苑

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内検索
芭蕉九官鳥図

林 閬苑(はやし りょうえん[1]、生卒年不詳[2])は江戸時代中期の画家。

名は新・又新、は日新、は閬苑のほかに章齢・蟠龍洞・筆飛将軍など。通称を秋蔵(秀蔵とも)・閬蔵。大坂の人。

目次

略伝

幼少より画を好み、長じて池大雅の高弟・福原五岳に師事する。このときの同門・黒田綾山と画友となる。東東洋や木村蒹葭堂、維明周奎などと交友。安永2年(1773年)から2年間、維明に請われて京都相国寺にある狩野孝信の障屏画修復に携わり、寺院に収蔵される名画を実見し研究。またの豪商の収蔵する中国・の画を臨模して画業を研鑽。大坂道頓堀幸橋付近に居を構え、「筆飛将軍」と自称し、「唐画師」として活躍。山水は大胆で自由な筆遣いで中国風に描き、花鳥画・人物図は沈南蘋の影響から緻密で濃密な色彩を特徴とし、美人画を得意とした。40歳未満で夭折。

作品

  • 「伏見桃山真景・瀧山水図」対幅 絹本着色
  • 「蹊橋飛瀑図」那波網川賛 紙本淡彩
  • 「中国人物図」絹本著色 関西大学図書館
  • 「宮女遊戯図」安永7年(1770年)
  • 「鹿図」慈雲飲光大阪歴史博物館
  • 「妖怪図」
  • 「双鯉図」
  • 「岩に小禽図」
  • 「雁図」
  • 「漁夫図」
  • 「祭礼図」
  • 「蹴鞠図」

脚註

  1. ^ 「りん りょうえん」とも
  2. ^ 生年は寛保2年(1742年)から寛延2年(1749年)の間、卒年は安永9年(1780年)(『蒹葭堂日記』)から天明7年(1787年)までと推定される。

出典

  • 古城真一「黒田綾山」所収『倉敷三代画人伝 —黒田綾山・岡本豊彦・古市金峨 —』倉敷史談会 昭和58年
  • 「江戸の人物画 姿の美、力、奇」 府中市美術館 2011年
  • 特別展「花と鳥たちのパラダイス — 江戸時代長崎派の花鳥画 —」神戸市立博物館 1993年
(左)伏見桃山真景図        (中)瀧山水図            (右)中国人物図

今日は何の日(10月21日

もっと見る