林雲ガイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
本来の表記は「林雲陔」です。この記事に付けられた題名は技術的な制限または記事名の制約により不正確なものとなっています。
林雲陔
Lin Yungai.jpg
プロフィール
出生: 1881年2月2日
光緒7年正月初4日)
死去: 1948年民国37年)10月4日
中華民国の旗 中華民国(国民政府)
出身地: 清の旗 広東省高州府信宜県
職業: 政治家
各種表記
繁体字 林云陔
簡体字 林雲陔
拼音 Lín Yúngāi
和名表記: りん うんがい
発音転記: リン ユンガイ
ラテン字 Lin Yün-kai
テンプレートを表示

林 雲陔(りん うんがい)は、清末民初の革命家・政治家・銀行家。中国同盟会以来の革命派人士で、後に中国国民党に加入した。西南派の一員でもある。旧名は公競毅公

事跡[編集]

高州府城の海山書院で旧学を学ぶ。1909年宣統元年)、広州に赴き、両広方言高等学堂で学ぶ。このとき、中国同盟会に加入した。1911年(宣統3年)4月、黄花崗戦役に朱執信の下で参加したが、革命派は敗北した。翌1912年民国元年)に方言学堂を卒業すると、高州で蜂起に参加し、成功後に高雷都督に任ぜられている。

その後、渡米してニューヨーク州の大学[1]で法律・政治を学ぶ。1918年(民国7年)に帰国し、上海で雑誌『建設』の編集に携わった。1920年(民国9年)、孫文(孫中山)に随従して広州に赴き、大元帥府秘書に就任したほか、土地登記局局長、広東省教育委員会教育雑誌社社長も兼ねた。

翌年12月、広東大本営金庫長兼広西銀行行長となる。1923年(民国12年)、広州市政府委員長に任ぜられる。同年3月、大本営金庫長兼大本営財政部第3局局長となる。5月、中央銀行行長となった。12月、広東高等審判庁代理庁長に転じている。1924年(民国13年)4月、法制委員会委員となる。8月、中央銀行董事(理事)となった。10月、大本営財政部次長兼塩務署署長となる。翌年7月、広東省政府高等検察庁検察長に転じた。以上のように、孫文の広東政府において林雲陔は財務・法務の幹部としての地位を歴任したのである。

1927年(民国16年)4月、広州市政府委員長に復帰する。1929年(民国18年)3月、中国国民党第3期中央候補監察委員に選出された(第4期も同様)。7月、広東省政府委員に任ぜられる。11月、広州市が特別市に昇格し、そのまま林雲陔が特別市長をつとめた。1931年(民国20年)5月、広州市市長から広東省政府主席に昇進し、同省財政庁庁長も兼ねた(同年12月まで)。翌1932年(民国21年)、西南派による西南政務委員会常務委員に任ぜられる。1935年(民国24年)11月、国民党中央監察委員に選出された。広東にあった間、林は広東省の実力者であった陳済棠に従い、内政面で手腕を振るった。

1936年(民国25年)7月、陳済棠が両広事変に敗北して失脚すると、林雲陔も広東省政府主席を離れ、蒙蔵委員会委員長に転じる。しかし翌月には審計部部長に移った。以後、死去するまで12年にわたり在任した。

1948年(民国37年)10月4日、病没。享年68(満67歳)。

脚注[編集]

  1. ^ 徐友春主編『民国人物大辞典 増訂版』によれば、「聖理喬斯大学」で学んだとされる。セント・ジョーンズ大学のことか。

参考文献[編集]

  • 徐友春主編『民国人物大辞典 増訂版』河北人民出版社、2007年。ISBN 978-7-202-03014-1。
  • 劉寿林ほか編『民国職官年表』中華書局、1995年。ISBN 7-101-01320-1。
 中華民国の旗 中華民国(国民政府)国民政府
先代:
(創設)
広州特別市長
1929年11月 - 1931年5月
次代:
程天固
先代:
陳銘枢
広東省政府主席
1931年5月 - 1936年7月
次代:
黄慕松
先代:
黄慕松
蒙蔵委員会委員長
1936年7月 - 8月
次代:
呉忠信
先代:
陳之碩
審計部長
1936年8月 - 1948年10月
次代:
劉紀文?