柏の葉公園

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
柏の葉公園
Kashiwanoha Park Makigahara-en.JPG
牧が原園
柏の葉公園の位置(千葉県内)
柏の葉公園
分類 都市公園(広域公園)[1]
所在地
千葉県柏市柏の葉四丁目
座標 北緯35度53分45.36秒 東経139度56分17.15秒 / 北緯35.8959333度 東経139.9380972度 / 35.8959333; 139.9380972座標: 北緯35度53分45.36秒 東経139度56分17.15秒 / 北緯35.8959333度 東経139.9380972度 / 35.8959333; 139.9380972
面積 45.0ha
前身 旧日本軍柏飛行場
運営者 千葉県(指定管理者:柏の葉公園管理グループ)
駐車場 1100台
アクセス 柏の葉キャンパス駅
告示 1985年(昭和60年)8月18日
公式サイト 指定管理者のサイト
テンプレートを表示
柏の葉公園入口
総合競技場入口

千葉県立柏の葉公園(ちばけんりつかしわのはこうえん)は、千葉県柏市柏の葉にある千葉県立の都市公園(広域公園)[2]指定管理者制度に基づき、柏の葉公園管理グループ(一般財団法人千葉県まちづくり公社、国立大学法人千葉大学、株式会社アイビックスの共同事業体)が管理・運営を行っている[3]

概要[編集]

地域の「緑・スポーツ・文化」の拠点として、広大な敷地に芝生広場、多種類の樹木林、花壇など豊かな自然が楽しめるほか、総合競技場やコミュニティ体育館野球場テニスコートなどのスポーツ施設日本庭園をはじめとする文化施設などが整備されている[4]。日本庭園は茶室(松柏亭)を備えた本格的なものである。

公園センター、コミュニティ体育館、茶室を中心に年間数十回の講習会が開催され、春には「スプリングフェスタ・子供まつり」、秋には「花と緑のフェスティバル」などの数万人規模のイベントが開催され、街のにぎわいに一役かっている。またドッグラン(登録制)も開設され、ウィークデーの人気スポットとなっている。

歴史[編集]

元々同地は旧帝国陸軍東部第105部隊が使用していた軍用地であり、日本初のロケット戦闘機秋水も駐留していた柏飛行場で跡地である。戦後、アメリカ軍・柏通信所に接収され、1981年(昭和56年)に政府と千葉県、柏市との間によって締結された跡地利用に関する覚書に沿って、日本国が所有する分を東京大学柏キャンパス、千葉大学園芸学部附属柏農場(現・環境健康フィールド科学センター)として、千葉県と柏市の所有分を広域公園として整備することを計画したものである。

公園の中心施設である柏の葉公園総合競技場は、当初は市民規模の大会に利用できる程度の小規模の陸上競技場を予定していたが、Jリーグ入りを目指していた柏レイソルのホームスタジアムとして利用できることを前提として、収容人員を20,000人収容(当初は15,000人)に拡大することを念頭に設計を変更し1996年(平成8年)に着工、1999年(平成11年)4月に完成した。

総合競技場以外の施設も順次整備されていき、桜の広場、西洋庭園(バラ園)、日本庭園(『牧ノ原園』)公園センター(緑化関連の施設)、コミュニティー体育館、ボート池(レストハウス併設)、野外イベントステージなども開設されている。

野球場が総合競技場バックスタンドの裏手、第1駐車場に隣接する位置に建設中であったが、2010年(平成22年)4月26日に正式開場され、同年7月19日には柏市では初のプロ野球開催となるイースタン・リーグ公式戦・千葉ロッテマリーンズ読売ジャイアンツの試合が行われた。なお、同年中には国体会場(テニス)として利用されることが決まっている。

なお、近隣には今[いつ?]でも、かつてのなごりとして旧帝国陸軍東部第105部隊の営門、秋水の燃料施設等が残されている。

名称の由来[編集]

柏の木が厳しい冬を越えて新芽が出るまでの間、前の葉が落ちずにい続けることにちなみ、1985年(昭和60年)に柏市立田中小学校の教頭であった齋藤博孝によって命名された[5]

施設[編集]

主な公園内の施設一覧[6]

  • 四季の広場
  • 桜の広場
  • 郷土の森
  • 野鳥観察所
  • 冒険のトリデ(遊具・アスレチック)
  • ボート池
    • ボートハウス
    • レストハウス
  • バーベキュー場
  • 野外ステージ

庭園[編集]

スポーツ施設[編集]

アクセス[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 公園案内(柏の葉公園)
  2. ^ 千葉県立都市公園条例
  3. ^ 千葉県立柏の葉公園指定管理者候補者の選定結果
  4. ^ a b 柏の葉公園” (日本語). 柏市観光協会 (2016年11月9日). 2019年7月25日閲覧。
  5. ^ 地名つれづれ”. 広報かしわ 平成19年(2007年)1.1(No.1280). 2010年5月4日閲覧。
  6. ^ 柏の葉公園”. cis-natcon.com. 2019年7月24日閲覧。

関連項目[編集]