この記事は半保護されています。(半保護の方針による半保護)

柏木ハルコ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

柏木 ハルコ(かしわぎ ハルコ、1969年11月7日 - )は、日本漫画家千葉県出身。女性千葉県立東葛飾高等学校卒業。千葉大学園芸学部卒業。

略歴

1995年の24歳にデビュー。その後、女性の性欲を赤裸々に描いた『いぬ』で注目される。以降は恋愛漫画が中心だったが、2014年の『健康で文化的な最低限度の生活』で社会派漫画に挑戦しテレビドラマ化もされたヒット作となった[1]

主な代表的作品

  • いぬ(1995年 - 1996年、『週刊ヤングサンデー』連載、全6巻、文庫版全4巻)
  • よいこの星!(1997年 - 1998年、『週刊ヤングサンデー』連載、全6巻)
  • ブラブラバンバン(1999年 - 2000年、『週刊ヤングサンデー』連載、全5巻) - 2008年3月15日に映画が公開。
  • 花園メリーゴーランド(2001年 - 2002年、『ビッグコミックスピリッツ』連載、全5巻) - 5巻に岩田重則が解説を載せている。
  • 鬼虫(2003年 - 2005年、『ビッグコミックスピリッツ』連載、全5巻)
  • 愛・水族館(2006年、小学館、短編集) - 『ビッグコミックスピリッツ』に掲載されたもの。
  • QUOJUZ(2006年、『ビッグコミックスピリッツ』連載、全2巻)
  • 地平線でダンス(2007年 - 2008年、『ビッグコミックスピリッツ』連載、全5巻)
  • も〜れつバンビ(2009年 - 2010年、『週刊ヤングマガジン』連載、全5巻)
  • 失恋日記(2013年、祥伝社、短編集) - 「も〜れつバンビ」終了後の2年半に描いた漫画の全て。
  • 健康で文化的な最低限度の生活(2014年 - 連載中、『ビッグコミックスピリッツ』連載、既刊8巻)

その他

  • 『ブラバン!甲子園』のジャケット。

脚注

[ヘルプ]