柏木隆雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

柏木 隆雄(かしわぎ たかお、1944年8月10日 - )は、フランス文学者、大阪大学名誉教授、前大手前大学学長。

三重県生まれ。三重県立松阪工業高等学校工業化学科を卒業、住友金属工業に入社、中央研究所勤務の後、1969年大阪大学文学部仏文科卒、75年同大学院満期退学、神戸女学院大学専任講師、助教授、1983年大阪大学文学部助教授、91年教授、2004-06年大学院文学研究科長、文学部長。2008年定年退任、名誉教授。2008-11年放送大学大阪学習センター所長、2011年大手前大学副学長、12年-16年学長。

2001-05年日本フランス語フランス文学会副会長、06-09年同関西支部長、09-13年日本フランス語フランス文学会副会長、13年-15年同会長。

オノレ・ド・バルザックジュール・ルナールの研究が専門だが、日本文学にも造詣が深い。

著書[編集]

  • La Trilogie des Célibataires d'Honoré de Balzac, A-G. Nizet, 1983
  • 『イメージの狩人 評伝ジュール・ルナール』臨川書店〈臨川選書〉 1999
  • 『謎とき「人間喜劇」』ちくま学芸文庫 2000
  • 『人とともに本とともに』朝日出版社 2008
  • 『交差するまなざし 日本近代文学とフランス』朝日出版社 2008

共編著[編集]

  • 『異文化の交流』山口修共編 大阪大学出版会 1996
  • 『バルザックとこだわりフランス ちょっといい旅』恒星出版(カルチャーフロンティアシリーズ) 2003
  • 『レクチュールの冒険 新編・フランス文学選』金崎春幸、春木仁孝、和田章男共編 朝日出版社 2005
  • 『甦る江戸肉筆画 トロンコワ・コレクションを読み解く』 柏木加代子など共編 水声社、2019

翻訳[編集]

  • ロラン・ブルヌフ,レアル・ウエレ『小説の世界』山中知子・長谷川富子共訳 駿河台出版社 1993
  • 『ねなしかずら ジュール・ルナール全集 第2巻』臨川書店 1995
  • 『葡萄畑の葡萄作り ジュール・ルナール全集 第4巻』臨川書店 1995
  • 『村の無骨な仲間たち・ラゴット ジュール・ルナール全集 第6巻』寺本成彦共訳 臨川書店 1995
  • 『戯曲集 ジュール・ルナール全集 第8・9巻』松田和之・金崎春幸共訳 臨川書店 1996
  • 『日記4 ジュール・ルナール全集 第14巻』臨川書店 1997
  • 『バルザック「人間喜劇」セレクション第13巻)従兄ポンス-収集家の悲劇』藤原書店 1999
  • 『書簡選・年譜・日記索引 ジュール・ルナール全集 第16巻』臨川書店 1999
  • Violette Rey 『ベラン世界地理大系 東ヨーロッパ』鈴木隆共編訳 朝倉書店 2008
  • バルザック『ソーの舞踏会』ちくま文庫(バルザック・コレクション)2014
  • バルザック『暗黒事件』ちくま文庫(バルザック・コレクション)2014

記念論集[編集]

  • 『テクストの生理学』柏木隆雄教授退職記念論文集刊行会 朝日出版社 2008

論文[編集]