柘植康英

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
つげ こうえい
柘植 康英
生誕 (1953-08-06) 1953年8月6日(66歳)
岐阜県大垣市
出身校 東京大学経済学部
職業 東海旅客鉄道代表取締役会長

柘植 康英(つげ こうえい、1953年8月6日 - )は、会社経営者、東海旅客鉄道(JR東海)第5代代表取締役会長岐阜県大垣市出身、大垣市立静里小学校卒、大垣市立西中学校卒、岐阜県立岐阜高等学校卒、東京大学経済学部卒。

略歴[編集]

<社内>

  • 1977年4月、日本国有鉄道入社
  • 1985年3月、同新潟鉄道管理局(現・JR東日本新潟支社)総務部人事課長
  • 1987年4月、東海旅客鉄道株式会社入社
  • 1989年3月、同総合企画本部経営管理部管理課長
  • 1991年5月、同人事部企画担当課長
  • 1992年6月、同人事部勤労課長
  • 1994年6月、同人事部人事課長
  • 1996年6月、同総務部次長
  • 2000年6月、同総務部長
  • 2002年6月、同取締役人事部長
  • 2006年6月、同常務取締役秘書部長
  • 2008年6月、同代表取締役副社長
  • 2014年4月、同代表取締役社長
  • 2018年4月、同代表取締役会長

<社外>

人物[編集]

  • 実家は、岐阜県大垣市にある真宗大谷派の久遠寺[1]。副社長時代には中部経済同友会の筆頭代表幹事を務めた。現在は中部経済連合会副会長を務めている。
  • 大学時代は、武田隆夫ゼミに加入。東京海上日動社長の北沢利文社長やみずほFGの佐藤康博会長らとゼミ活動。野尻湖や水上高原などでのゼミ合で野外活動を楽しんだ。
  • 趣味はテニス、ゴルフ、クラシック音楽鑑賞。大学時代は応援部吹奏楽団に所属し、ユーフォニウム奏者で責任者を務めた。神宮球場東京六大学野球に出かけた[2]
  • 国鉄10年を含む長年の人事職の経験から「人」を大事にし、「人が満足感を持って働けることができることが、安全確保の前提条件」という[3][4]。長期勤続を奨励し、JR東海の離職率は1%程度と低い[5][6]。「10人の1歩は1人の10歩に勝る」とチームワークを大事にする。
  • 柘植の社長就任後は、これまでの歴代社長および会長が取ってきたJR東海の方針を一部転換した。
  • インターネットを活用した中古鉄道車両部品通信販売サイト「JR東海鉄道倶楽部」の開設や、エクスプレス予約の規定を緩和したスマートEXサービスの実施、既存車両の有効活用ながら観光列車の運行と、実質的に「古巣」であるJR東日本のスタイルを取り入れている。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 「ザ・リーダー」」毎日放送(MBS)2019年3月10日放送
  2. ^ 新社長 Who'sWho」 週刊ダイヤモンド2014年6月21日号
  3. ^ 新幹線50周年魅惑のJR・鉄道」週刊ダイヤモンド2014年9月20日
  4. ^ 人間力が会社を強くする」DIME2018年1月16日号
  5. ^ 低い離職率こそ当社の強み」東洋経済2017年臨時増刊 鉄道最前線
  6. ^ JR東海 離職率「たった1.2%」の秘密」プレジデント2018年4月9日号
先代:
山田佳臣
東海旅客鉄道社長
第5代: 2014年 - 2018年
次代:
金子慎
先代:
山田佳臣
東海旅客鉄道会長
第5代: 2018年 -
次代:
先代:
水野耕太郎
滝茂夫
箕浦輝幸
中部経済同友会代表幹事
第56代: 2011年 - 2014年
次代:
石田建昭
新美篤志
種村均
先代:
佐伯卓
愛知県公安委員会委員長
2019年 -
次代:
(現職)