柚木麻子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
柚木 麻子
(ゆずき あさこ)
ペンネーム 柚木 麻子
(ゆずき あさこ)
誕生 (1981-08-02) 1981年8月2日(39歳)
日本の旗 日本東京都世田谷区
職業 小説家
言語 日本語
国籍 日本の旗 日本
教育 学士文学
最終学歴 立教大学文学部フランス文学科
活動期間 2008年 -
主な受賞歴 オール讀物新人賞(2008年)
山本周五郎賞(2015年)
デビュー作 『終点のあの子』(2010年)
配偶者 あり
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

柚木 麻子(ゆずき あさこ、本名は非公開、1981年8月2日 - )は、日本の小説家

プロフィール[編集]

東京都世田谷区に生まれる。恵泉女学園中学校・高等学校[1][2]立教大学文学部フランス文学科卒業。既婚[3]

大学時代より脚本家を目指してシナリオセンターに通い、ドラマのプロットライターを務めた。卒業後、製菓メーカーへの就職を経て[2]塾講師や契約社員などの職のかたわら小説の賞に応募し、2008年に第88回オール讀物新人賞を受賞した[4]。受賞作「フォーゲットミー、ノットブルー」を含む初の単行本『終点のあの子』が2010年に刊行された。同作は『本の雑誌』上半期エンターテインメントランキングで3位となるなど高評価を得た[3][4]

2013年には『嘆きの美女』が、2015年には『ランチのアッコちゃん』がNHK BSプレミアムテレビドラマ化、2018年には『王妃の帰還』がNHK-FMオーディオドラマ[5][6][7]

文学賞受賞・候補歴[編集]

小説[編集]

単著[編集]

  • 終点のあの子(2010年5月 文藝春秋 / 2012年4月 文春文庫 / 2012年11月 電子書籍版)ISBN 978-4163292106
  • あまからカルテット(2011年10月 文藝春秋 / 2013年11月 文春文庫 / 2013年12月 電子書籍版)ISBN 978-4163809007
  • 嘆きの美女(2011年12月 朝日新聞出版 / 2014年6月 朝日文庫)ISBN 978-4022508935
  • けむたい後輩(2012年2月 幻冬舎 / 2014年11月 幻冬舎文庫)ISBN 978-4344021396
  • 早稲女、女、男(2012年7月 祥伝社 / 2015年9月 祥伝社文庫)ISBN 978-4396633936
  • 私にふさわしいホテル(2012年10月 扶桑社 / 2015年11月 新潮文庫)ISBN 978-4-594-06683-3
  • 王妃の帰還(2013年1月 実業之日本社 / 2015年4月 実業之日本社文庫)ISBN 978-4-408-53619-4
  • ランチのアッコちゃん(2013年4月 双葉社 / 2015年2月 双葉文庫)ISBN 978-4575238198
  • 伊藤くん A to E(2013年9月 幻冬舎 / 2016年12月 幻冬舎文庫)ISBN 978-4344024588
  • その手をにぎりたい(2014年1月 小学館 / 2017年3月 小学館文庫)ISBN 978-4093863735
  • 本屋さんのダイアナ(2014年4月 新潮社 / 2016年6月 新潮文庫)ISBN 978-4103355311
  • ねじまき片想い〜おもちゃプランナー・宝子の冒険〜(2014年8月 東京創元社 / 2018年6月 創元推理文庫 )ISBN 978-4488027346
  • 3時のアッコちゃん(2014年10月 双葉社/ 2017年10月 双葉文庫)ISBN 978-4-575-23877-8
  • ナイルパーチの女子会(2015年3月 文藝春秋/ 2018年2月 文春文庫)ISBN 978-4-16-390229-6
  • 幹事のアッコちゃん(2016年2月 双葉社/ 2019年9月 双葉文庫)ISBN 978-4575239447
  • 奥様はクレイジーフルーツ(2016年5月 文藝春秋/ 2019年5月 文春文庫)ISBN 978-4-16-390451-1
  • BUTTER(2017年4月 新潮社)ISBN 978-4-10-335532-8
  • さらさら流る(2017年8月 双葉社)ISBN 978-4-57-524052-8
  • デートクレンジング(2018年4月 祥伝社)ISBN 978-4-39-663541-1
  • マジカルグランマ (2019年4月 朝日新聞出版) ISBN 978-4-02-251604-6

共著[編集]

単行本未収録[編集]

小説
エッセイ
  • 「オンステージ」(2010年8月号、月刊ジェイ・ノベル
  • 「やっぱりアンが好き(私を変えたこの1冊)」(2010年秋季号、小説トリッパー)
  • 「陽気に狂った海賊のメロディ(忘れられないメロディ)」(2010年10月号、ポンツーン、幻冬舎)
  • 「17歳の肖像(リレーエッセイ〜私のとっておきシネマ)」(2010年10月号、小説推理
  • 「Oh!マイアイドル」(2010年12月号、小説すばる)

映像化作品[編集]

ドラマ
映画

脚注[編集]

  1. ^ 恵泉女学園大学図書館報 アレキサンドレイア No.41 (PDF)”. 恵泉女学園大学. p. 1 (2012年4月). 2012年3月6日閲覧。
  2. ^ a b 木元健二 (20190724T113000+0900). “子育てでシニアの気持ちに? 柚木麻子“70代ヒロイン”の痛快小説 〈週刊朝日〉” (日本語). AERA dot. (アエラドット). 2020年11月2日閲覧。
  3. ^ a b 「本の話」編集部 (20141-11-09). “はじめて書いた小説は、親友へのクリスマス・プレゼントでした。” (日本語). 「本の話」WEB. 文藝春秋. pp. 1-3. 2011年12月26日閲覧。
  4. ^ a b 「フォーゲットミー、ノットブルー」で第八十八回オール讀物新人賞を受賞 作家「柚木麻子」さんインタビュー!” (日本語). ART FOR YOU. 2011年12月26日閲覧。
  5. ^ ドラマ『嘆きの美女』 制作開始のお知らせ”. ドラマトピックスブログ. 日本放送協会 (2012年9月19日). 2012年12月25日閲覧。
  6. ^ 蓮佛美沙子さん・戸田菜穂さん初共演!「ランチのアッコちゃん」”. プレミアムよるドラマ. ドラマトピックスブログ: NHKブログ (2015年3月9日). 2015年4月29日閲覧。
  7. ^ 王妃の帰還 スク-ルカーストをぶち壊せ!内気な歴史オタクが革命を起こす!”. NHK. 2018年3月5日閲覧。
  8. ^ 直木賞候補には映画監督の西川美和氏ら 馳氏は6回目ノミネート”. Sponichi Annex (2015年6月19日). 2015年6月19日閲覧。
  9. ^ 高津祐典、高校生直木賞に「ナイルパーチの女子会」(2016年5月4日)、朝日新聞、2016年5月17日閲覧。