柚香光

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ゆずか れい
柚香 光
生年月日 3月5日
出生地 東京都杉並区
身長 171cm
血液型 O型
職業 舞台俳優
ジャンル 舞台宝塚歌劇
活動期間 2009年 -
活動内容 2009年:宝塚歌劇団入団、花組配属
2019年:花組トップスター就任
公式サイト 柚香光 公式プロフィール
主な作品
宝塚歌劇
はいからさんが通る
メランコリック・ジゴロ
花より男子
テンプレートを表示

柚香 光(ゆずか れい、3月5日[1][2] - )は、宝塚歌劇団花組に所属する男役。花組トップスター。

東京都杉並区[1][2]、区立和泉中学校出身[1]。身長171㎝[1]。血液型O型[3]。愛称は「れい」[1]

来歴[編集]

2007年、宝塚音楽学校入学。

2009年、宝塚歌劇団に95期生として入団[4][5][6][2]。入団時の成績は20番。宙組公演「薔薇に降る雨/Amour それは…」で初舞台[1][4][7][2]。その後、花組に配属[4][7][2]

美しい容姿と唯一無二のダイナミックな表現力で注目を集め[8]、2014年、蘭寿とむ退団公演となる「ラスト・タイクーン」で、新人公演初主演[7][5][9][6]。続く「ノクターン」でバウホール公演初主演[2][4][5][9][7][6]。続く明日海りお蘭乃はなトップコンビ大劇場お披露目となる「エリザベート」で、2度目の新人公演主演[4][6]。本公演では役替わりでルドルフ役を演じる[5][6]

2015年、明日海りお・花乃まりあトップコンビ大劇場お披露目となる「カリスタの海に抱かれて/宝塚幻想曲」より、新生花組の3番手に昇格[10]。続く第二回台湾公演「ベルサイユのばら/宝塚幻想曲」に選抜メンバーとして出演[5][9][11]オスカルを演じる[5][9][11]。続く「新源氏物語」で3度目の新人公演主演[12][11]。本公演では再び女役・六条御息所を演じる[11]

2017年、「はいからさんが通る」(ドラマシティ・日本青年館公演)で、東上公演初主演[13][4][5][9][14][2]

2018年、「ポーの一族」より花組の新2番手となる[15]。続く「あかねさす紫の花」(博多座公演)で、トップスター明日海りおと大海人皇子役を異例[5][9]の役替わりで演じる[5][9]。続く「メランコリック・ジゴロEXCITER!!2018」で、2番手ながら[14]全国ツアー公演初主演[5][16][14]

2019年、「花より男子」(TBS赤坂ACTシアター公演)で、2度目の東上公演主演[2][8][9][14]。同年11月25日付で、明日海りおの後任として花組トップスターに就任[2][4][14][8]。95期生からは礼真琴に続いて2人目のトップスター誕生となった[14][8]。相手役は前任から引き続き華優希を迎え[14]、年末の「タカラヅカスペシャル2019」でプレトップお披露目[17]

2020年、自身初の東上主演作の再演となる「はいからさんが通る」で、トップコンビ大劇場お披露目[13][8][2]予定。

人物[編集]

兄2人、弟2人がいる5人兄弟の真ん中[16]。わんぱくで毎日かすり傷を作るような子供だったが、「自分は5人の中で唯一の女の子という責務を薄々感じて」ピアノとクラシックバレエを習っていた[16]

バレエ教室の先生が提示してくれた道の一つが宝塚歌劇で、母が入手してきた音楽学校の願書を見て、その授業内容に惹かれて宝塚のことをよく知らないまま受験を決めた[16]。試験会場では長髪だったため、本科生が飛んできて髪型をお団子ヘアに直してくれた[16]。二次試験でもやはり直されたが、一度目の挑戦で合格した[16]

男役、娘役の選択は本人の希望で決まるが、自身は選択申請日を聞き逃しており、当時どちらでも可能な身長だったため、どちらにしようかと考えているうちに順番が迫ってきてしまい、隣の人が「男役」と言ったので、思わず「自分も男役です」と勢いで言ってしまった[16]

バレエダンサーのオニール八菜や女優の門脇麦とは中学時代まで同じバレエスタジオに通っていた友人で、オニール八菜には「ダンスマガジン」2018年7月号に寄稿しており、門脇とは2016年10月に発売された「宝塚ファーストフォトブック」の中で対談をしている[18]

主な舞台[編集]

初舞台[編集]

花組時代[編集]

花組トップスター時代[編集]

  • 2020年1月、『DANCE OLYMPIA-Welcome to 2020-』(東京国際フォーラムトップお披露目公演[14][8][19][2]
  • 2020年4〜6月、『はいからさんが通る』 - 伊集院忍 大劇場トップお披露目公演[13][8][2]予定
  • 2020年7〜8月、『NICE WORK IF YOU CAN GET IT』(梅田芸術劇場)[2]予定
  • 2020年10〜12月、『アウグストゥス-尊厳ある者-』『Cool Beast!!』[20]予定

出演イベント[編集]

  • 2011年11月、第51回『宝塚舞踊会』
  • 2013年6〜7月、『宝塚巴里祭2013-La Chanson de Paris 99-』
  • 2014年12月、『タカラヅカスペシャル2014-Thank you for 100 years-』[6]
  • 2016年4月、『ME AND MY GIRL』前夜祭
  • 2016年9月、轟悠ディナーショー『Prelude of Yū』
  • 2016年12月、『タカラヅカスペシャル2016〜Music Succession to Next〜』
  • 2017年12月、『タカラヅカスペシャル2017 ジュテーム・レビュー-モン・パリ誕生90周年-』
  • 2018年12月、『タカラヅカスペシャル2018 Say!Hey!Show Up!!』
  • 2019年12月、『タカラヅカスペシャル2019-Beautiful Harmony-』[17]

TV出演[編集]

広告[編集]

  • 2017年〜、『JOSEPH』[21]

受賞歴[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f 『宝塚おとめ 2019年度版』 宝塚クリエイティブアーツ、2019年、24頁。ISBN 978-4-86649-089-2
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p 筒井政也 (2020年2月24日). “柚香光「はいからさんが通る」で新トップスターとして本拠地でお披露目!異例の再演に「ええっ!?と衝撃」”. スポーツ報知. https://hochi.news/articles/20200224-OHT1T50149.html 2020年3月21日閲覧。 
  3. ^ 阪急コミュニケーションズ『NEW GENERATION Ⅲ』2013年、5頁。ISBN 978-4-484-13514-4
  4. ^ a b c d e f g h i j k l “柚香光、次期花組トップスターに 11月24日退団の明日海りお後任”. スポーツ報知. (2019年7月11日). https://hochi.news/articles/20190711-OHT1T50080.html 2019年10月23日閲覧。 
  5. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r 村上久美子 (2018年12月13日). “「くされ縁」水美舞斗と名作コメ再共演/柚香光”. 日刊スポーツ. https://www.nikkansports.com/entertainment/column/takarazuka/news/201812130000334.html 2019年10月23日閲覧。 
  6. ^ a b c d e f g h i j 花組・柚香光、注目度ナンバーワン 入団6年目で憧れの役”. zakzak by夕刊フジ. 2015年8月23日閲覧。
  7. ^ a b c d e f g 村上久美子 (2014年6月19日). “新星から若手スターへ/柚香光”. 日刊スポーツ. https://www.nikkansports.com/entertainment/column/takarazuka/news/p-cl-tp0-20140619-1320323.html 2019年10月23日閲覧。 
  8. ^ a b c d e f g h “「真摯に舞台と向き合っていきます」柚香光さんインタビュー(宝塚歌劇団花組トップスター)”. 毎日が発見ネット. (2019年12月27日). https://mainichigahakken.net/hobby/article/post-985.php 2020年1月14日閲覧。 [リンク切れ]
  9. ^ a b c d e f g h i j k l m n 村上久美子 (2019年6月27日). “女の子の夢、花より男子・道明寺司好演/柚香光”. 日刊スポーツ. https://www.nikkansports.com/entertainment/column/takarazuka/news/201906270000178.html?Page=2 2019年10月23日閲覧。 
  10. ^ a b フレッシュさ満点、花組新時代の幕開けを感じるスターファイル
  11. ^ a b c d e f g 村上久美子 (2015年11月5日). “光源氏、女役と男役 難題“3役”で飛躍/柚香光”. 日刊スポーツ. https://www.nikkansports.com/entertainment/column/takarazuka/news/1562088.html 2019年10月23日閲覧。 
  12. ^ a b “柚香光、光源氏を麗しく 宝塚花組新人公演「新源氏物語」”. 産経WEST. (2015年10月22日). https://www.sankei.com/west/news/151022/wst1510220043-n2.html 2019年10月23日閲覧。 
  13. ^ a b c d 宝塚花組次期トップ柚香光、本拠地お披露目作が決定日刊スポーツ
  14. ^ a b c d e f g h i j k “柚香光が宝塚花組次期トップスターに 第95期生からは2人目”. スポーツ報知. (2019年7月11日). https://hochi.news/articles/20190711-OHT1T50117.html 2019年10月23日閲覧。 
  15. ^ a b 明日海りお「ポーの一族」エドガー役でタカラヅカ104周年のスタート飾るスポーツ報知
  16. ^ a b c d e f g h i j “【華麗なる宝塚】柚香光「大きな出会いの作品になれば…」宝塚花組全国ツアー”. 産経新聞. (2018年11月20日). https://www.sankei.com/west/amp/181120/wst1811200031-a.html 2019年10月23日閲覧。 
  17. ^ a b 宝塚オールスター「タカスぺ」で花組新トップ・柚香光お披露目!柴田侑宏氏追悼企画もスポーツ報知
  18. ^ 宝塚クリエイティブアーツ『宝塚ファーストフォトブック vol.3 柚香光』2016年、18-21頁。ISBN 978-4-908135-79-8
  19. ^ “宝塚花組新トップ・柚香光 お披露目公演開幕 得意のダンスで魅せた”. スポニチAnnex. (2020年1月7日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2020/01/07/kiji/20200107s00041000316000c.html 2020年1月14日閲覧。 
  20. ^ “初代ローマ皇帝描く花組の歴史劇「アウグストゥス」上演決定、ラテンショーも”. ステージナタリー. (2020年2月14日). https://natalie.mu/stage/news/367260 2020年3月21日閲覧。 
  21. ^ “FLOWING EMOTION IN LONDON”. JOSEPH-ONWARD-. (2019年11月5日). https://www.joseph.jp/photo_gallery/autumn2019/ 2019年11月23日閲覧。