柱島泊地

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

柱島泊地(はしらじまはくち)は、広島県呉港の近く、広島湾内にある柱島山口県岩国市)付近に設けられていた大日本帝国海軍の艦艇停泊地である。

概要[編集]

柱島は幅2kmほどの小さな島であり、東側・西側ともに航路となっているため、島そのものが泊地であったわけではない。泊地の位置は柱島南西の沖合、周防大島と柱島諸島に囲まれた海域である。特に範囲が決められてはいなかったが、柱島の南西沖合北緯33度58分40秒東経132度24分5秒[1]旗艦ブイが置かれていたことから、そこを中心とする認識があったと思われる。

艦艇の出撃には情島の東側にある諸島水道が狭隘であるが水深があるため用いられていたという。1976年のフェリーふたば衝突沈没事故以降、大型船舶の諸島水道進入は控えられている。

現在の自衛隊訓令における呉周辺の船舶定係港は「江田内:津久茂山山頂から250度に引いた線及び陸岸により囲まれた海面」とされており、この柱島泊地は含まれない[2]

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 「柱島沖に眠る戦艦『陸奥』をマルチビーム測深機で捉える」 海上保安庁第六管区海上保安本部(2007/04/24)
  2. ^ 海上自衛隊の使用する船舶の定係港を定める訓令