柳亭左龍 (6代目)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
六代目 柳亭りゅうてい 左龍さりゅう
六代目 .mw-parser-output ruby>rt,.mw-parser-output ruby>rtc{font-feature-settings:"ruby"1}.mw-parser-output ruby.large{font-size:250%}.mw-parser-output ruby.large>rt,.mw-parser-output ruby.large>rtc{font-size:.3em}柳亭(りゅうてい) .mw-parser-output ruby>rt,.mw-parser-output ruby>rtc{font-feature-settings:"ruby"1}.mw-parser-output ruby.large{font-size:250%}.mw-parser-output ruby.large>rt,.mw-parser-output ruby.large>rtc{font-size:.3em}左龍(さりゅう)
紋の「丸に三つ柏」
本名 中村なかむら すすむ
生年月日 (1970-02-15) 1970年2月15日(51歳)
出身地 日本の旗 日本千葉県柏市
師匠 柳家さん喬
弟子 柳亭左ん坊
名跡 1. 柳家小太郎
(1993年 - 2006年)
2. 六代目柳亭左龍
(2008年 - )
出囃子 俄獅子
活動期間 1993年 -
活動内容 落語家
所属 落語協会
受賞歴
2009年 第14回林家彦六賞受賞
2011年 花形演芸大賞金賞受賞
2012年 花形演芸大賞金賞受賞

六代目 柳亭 左龍(りゅうてい さりゅう、 1970年2月15日 - )は、落語家千葉県柏市出身。落語協会所属。本名:中村 進出囃子は「俄獅子」。

経歴[編集]

1993年3月、柳家さん喬に入門し、5月に前座名「小太郎」として楽屋入り。1996年5月二ツ目昇進。

2006年3月、柳家獅堂林家久蔵柳家三三三代目柳家甚語楼とともに真打昇進[1]。六代目「柳亭左龍」を襲名。

2009年に第14回林家彦六賞を、2010年 花形演芸大賞銀賞、2011年花形演芸大賞金賞、2012年花形演芸大賞金賞をそれぞれ受賞している。

芸歴[編集]

人物[編集]

  • 体型から「落語界のパパイヤ鈴木」を名乗る。
  • 趣味∶釣り、ドライブ、ラグビー観戦
  • 東京女子大学非常勤講師(日本の古典芸能)を勤めている。
  • 同期である柳家三三との勉強会を年四回行っている。

弟子[編集]

前座[編集]

出演[編集]

  • 御法度落語 おなじはなし寄席!(2021年4月3日、BS朝日) 「そば清

著書[編集]

  • 柳家さん喬一門本 ~世にも奇妙なお弟子たち~ *さん喬と弟子たち共著(秀和システム、2021年1月)ISBN 978-4798063287

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

出典[編集]

  1. ^ この時、落語協会の新真打は、ひとりひとりを白浪五人男に例えての連ねを口上で述べた。