柳亭痴楽 (4代目)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
4代目 柳亭 痴楽りゅうてい ちらく
4代目 柳亭 痴楽
プレイグラフ社『落語など』創刊号(1966年)より
本名 藤田 重雄
生年月日 1921年5月30日
没年月日 (1993-12-01) 1993年12月1日(72歳没)
出身地 日本の旗 日本富山県
師匠 7代目春風亭柳枝
5代目柳亭左楽
名跡 1. 春風亭笑枝(1939年 - 1941年)
2. 4代目柳亭痴楽(1941年 - 1993年)
出囃子 きぬた
活動期間 1939年 - 1993年
配偶者 平賀みき
所属 日本芸術協会→落語芸術協会
主な作品
痴楽綴方狂室
備考
日本芸術協会理事長(1972年 - 1973年)

4代目柳亭 痴楽(りゅうてい ちらく、1921年5月30日 - 1993年12月1日)は、富山県生まれの落語家。幼少のときに東京へ出て本所東京都墨田区)で育った。本名は藤田重雄(ふじた しげお)。

人物[編集]

1921年(大正10年)5月30日、富山県富山市生まれ。幼少期に小児麻痺を患う。

日本芸術協会(現:落語芸術協会)理事長を歴任。出囃子は『きぬた』。軽快な歌い調子の新作落語で人気となった。俗に「綴方狂室の痴楽」と言う。

若手三羽烏(5代目柳家小さん3代目三遊亭歌笑・痴楽)の一人として売り出した。特に歌笑は親友でライバル。

  • 1950年、歌笑が不慮の事故死。当時の歌笑のマネージャーは、すでにめいっぱいスケジュールを入れていた。キャンセルするしかないのだが、それはしのびない。マネージャーは代演として痴楽を抜擢した。痴楽は、歌笑の十八番「純情詩集」(「七・五調」で演じるもの)に極めてよく似たテイストのネタをかけることとした(歌笑のネタをそのままで「歌笑純情詩集より」として演じていた事もある)。それが「七・五調」で演じる新作落語「痴楽綴方狂室」(ちらくつづりかたきょうしつ)、「恋の山手線」である。また、「破壞し尽くされた顔の持ち主」「柳亭痴楽はいい男」のフレーズも、顔をネタにした歌笑のアピールポイント(珍顔で売っていた)そのままであった。

その後、一躍人気落語家となり、ラジオ、テレビ、映画へと進出。

東京の定席にはほとんど出ず、高座は大阪の仕事を中心に入れていた。香盤問題等で芸術協会の内部に軋轢が生じていて楽屋に居づらかった[1]と言った事情もあったのだが、当時痴楽には愛人がおり、それは大阪の演歌歌手・平賀みきだったからだ。愛人に貢ぐだけでなく、他の芸人にも気前良く奢るお大尽振りで、同年代の芸人からも「チィ旦那」と呼ばれて慕われた。

  • 1964年 歌笑・痴楽の両方と親しい落語評論家小島貞二が作詞し、小林旭が歌う「恋の山手線」という曲がリリースされた。痴楽へのオマージュである(クレジットに痴楽の名が入っていないがどういう経緯で痴楽が了解したのか不明)。しかし歌詞は痴楽のものと似ているような似ていないような微妙に別物のものとなり、もちろん新たなメロディーがつくられている。モダンチョキチョキズがカバーしたのは旭の曲。
  • 本人自身がレコード歌手としてデビュー。「男なんてポポイのポイ」(コロムビアミュージックエンタテインメント)
  • 1972年、日本芸術協会理事長に就任。
  • 1973年10月、大阪道頓堀角座のトリプル襲名披露興行(4代目桂福團治2代目桂枝雀5代目笑福亭枝鶴)へ出演中に脳卒中で倒れる[2]
  • そのまま闘病生活に入り、関西の病院を転々としながら治療、療養を20年あまり続き、その後、1987年、東京・浅草の特養老人ホームに移る。落語家として致命的な言語障害を克服することができず、約20年間休業した。なお、前述の歌手平賀みきは、痴楽が倒れたのを受け、芸能界を引退し、動けない痴楽と結婚。生涯を痴楽の看病に専念したが、1988年に痴楽より先に死去。
  • 1993年、20年ぶりに復帰。同年8月にはテレビ番組に出演。落語関係者有志の尽力により、同年10月31日、新宿末廣亭での余一会「痴楽を励ます会」で高座に復帰。しかし、病気のため往時のエネルギッシュな高座姿とは裏腹な、変わり果てた白髪の老人の姿、もちろん口調もおぼつかなく、観客から同情を買っていた。
  • 1993年12月1日死去。72歳没。

主なネタ[編集]

  • 痴楽綴方狂室(頻繁にマクラで演じた「恋の山手線」「青春日記」「笑道一代」など)
  • 隅田川
  • ラブ・レター(「女給の文」の改作)
  • 浮世床
  • 天災
  • 桃太郎
  • 新聞記事
  • 八百屋お七
  • 運転手募集
  • 西行
  • 親父の勉強
  • 宿題
  • 幽霊タクシー
  • 楊貴妃

一門弟子[編集]

など。

作品[編集]

CD[編集]

音楽[編集]

「男なんてポポイのポイ」はいくつかの企画盤に収録されている。

落語[編集]

  • 『決定盤 四代目 柳亭痴楽落語集』コロムビアミュージックエンタテインメント,COCJ-34585-6,2007年
  • 『落語名人集 (3) 四代目 柳亭痴楽』コロムビアCOCJ-31446,2001年
  • 『落語名人集 (4) 四代目 柳亭痴楽』コロムビアCOCJ-31447
  • 『落語名人集 (5) 四代目 柳亭痴楽』コロムビアCOCJ-31448
  • 『綴り方狂室』日本音声保存 ANOC-7036/37(朝日ソノラマ・「特選シリーズ痴楽綴り方狂室」のリマスタリング)
  • 『NHK新落語名人選 四代目 柳亭痴楽』ユニバーサルUICZ-4145
  • 『日本の伝統芸能シリーズ 落語1 四代 柳亭痴楽』テイチクTECR-20151 カセットもあり
  • 『落語秘蔵盤: 痴楽「桃太郎」「幽霊タクシー」/桂小南「西の旅」』COCJ-32748
  • 『ききたい落語家シリーズ;(10) 柳亭痴楽・三代目三遊亭円歌』コロムビアCOCF-12950

出演映画[編集]

  • 幽霊タクシー(東京映画、1956年) 痴楽自身の新作落語「幽霊自動車」の映画化。
  • 海の三等兵(新東宝、1957年) 
  • 東京テキサス人(東京映画、1957年)
  • 新妻の実力行使(富士映画、1957年) 
  • 与太郎戦記(大映東京、1969年)後輩春風亭柳昇の著書の映画化、柳昇を含め多数の落語家が出演
  • 与太郎戦記 女は幾万ありとても(大映東京、1970年) 
  • 裸でだっこ(ダイニチ映配、1970年) 志ん朝主演

[編集]

  1. ^ 立川談志によると、当時落語協会の楽屋に良く顔を見せ、落語協会所属の噺家達と談笑していたという。
  2. ^ 倒れた痴楽を救護したのは、入門間もない笑福亭鶴瓶だった。