柳妻麗三郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
やなづま れいざぶろう
柳妻 麗三郎
本名 高見 嘉一 (たかみ かいち)
別名義 松旭斎 天秀 (しょうきょくさい てんしゅう)
チャーリー 高見 (チャーリー たかみ)
生年月日 (1898-03-09) 1898年3月9日
没年月日 不詳年
出生地 日本の旗 日本 熊本県熊本市二本木町(現在の同県同市西区二本木
職業 俳優芸人、元奇術師、元照明技師
ジャンル 劇映画現代劇時代劇剣戟映画サイレント映画トーキー)、奇術
活動期間 1910年 - 1953年
著名な家族 高見映 (子息)
主な作品
『喧嘩日記』
『活動狂時代』
照る日くもる日
『踊る霊魂』

柳妻 麗三郎(やなづま れいざぶろう、1898年3月9日 - 1988年あるいは1989年)は、日本の俳優芸人、元奇術師、元照明技師である[1][2][3][4][5][6][7][8][9][10]。奇術師時代の芸名は松旭斎 天秀(しょうきょくさい てんしゅう)、本名・旧芸名は高見 嘉一(たかみ かいち)[1][2][3][5][8][9][10]、一時期、チャーリー 高見(チャーリー たかみ)とも名乗った[11]。「マキノのチャップリン」と呼ばれ[12]、「昭和の鳥人」こと高木新平に軽業を指導したこと、および「ノッポさん」こと高見映の実父としても知られる[1][13]

人物・来歴[編集]

1898年(明治31年)3月9日熊本県熊本市二本木町(現在の同県同市西区二本木)に生まれる[1][2][3]

高見嘉太郎の長男として生まれ、長じて、地元(二本木遊郭)の芝居小屋「東雲座」で照明係や設備営繕等の技術職を務めた[14]。やがて、全国を巡業していた松旭斎天一(1853年 - 1912年)と出逢い、これに師事して奇術師に転向、「松旭斎 天秀」の名をもらう[1][2][3][10][15]。満16歳になる1914年(大正3年)、京都の日活関西撮影所で、牧野省三新劇現代劇)を製作する際にこれに出演、以降、天一一座から離れて、同撮影所で照明技師を務めていた[1][2][3]。1920年(大正9年)には、同撮影所の演技学校におり、高木新平はここで高見(柳妻)に師事している[1][2][3][13]

満27歳になった1925年(大正14年)6月、牧野省三が東亜キネマを退社、天授ヶ丘に御室撮影所を建設してマキノ・プロダクションを設立した際にこれに参加する[1][2][3]。同年9月11日に公開された『奇傑鬼鹿毛 第二篇』(監督金森萬象)で「浮鮫源三郎秀春」役に抜擢されて出演、本名の「高見 嘉一」でクレジットされた[1][2][3][5]。同作のプロモーションでは、主演の武井龍三が「鳥人」、平八郎が「巨人」、高見(柳妻)は「豹人」というフレーズがつけられた[1][12]。同年10月30日に公開された『駕屋の先生』(監督沼田紅緑)に出演したときから、芸名を「柳妻 麗三郎」と改める[1][2][3][5]。1926年(大正15年)5月5日に公開された『活動狂時代』(監督曾根純三)では、「チャップリンに似た男」役を演じ、子役スター松尾文人とともに「大チャプ小チャプ」と宣伝された[1][5][6][12][注釈 1]。同年11月7日から公開が開始した『照る日くもる日』のシリーズでは、「猿の源次」役を演じて代表作のひとつになり、現代劇、時代劇問わず出演した[1][5][6]。高見映によれば、父・高見嘉一(柳妻)は「顔がバタくさく」、「美男子の父」の顔が印刷されているトランプが残っているという[10]

1929年(昭和4年)7月25日、牧野省三が亡くなり、同年9月にマキノ正博を核とした新体制が発表になると、柳妻は、嵐冠三郎荒木忍南光明根岸東一郎谷崎十郎阪東三右衛門市川米十郎東郷久義市川幡谷、實川芦雁、桂武男市川新蔵津村博澤田敬之助河津清三郎五味國男川田弘三小金井勝秋田伸一岡村義夫らとともに「俳優部男優」に名を連ねた[16]。その後、新体制下のマキノ・プロダクションは財政が悪化し、1931年(昭和6年)4月以降、製作が停止する[17]。同年1月10日に公開された『呑気放亭』(監督根岸東一郎)に出演したのを最後に、柳妻は同社を退社する[1][5][6]

のちに「ノッポさん」として知られる高見映(本名・高見嘉明)が生まれたのは、マキノ退社後の1934年(昭和9年)5月10日で、当時は役者時代から引き続き、京都府京都市右京区太秦の俳優たちが多く住む長屋に暮らし、その一角で電気器具店を営業していたという[10][11]。その傍ら、「チャーリー 高見」を名乗り、チャーリー・チャップリンの物まねを映画の幕間に演じる、芸人としての活動も行っていたという[11]。1938年(昭和13年)ころには、東京府東京市向島区寺島町(現在の東京都墨田区東向島周辺)に移転、同地で工場に勤務して工場長を務め、第二次世界大戦が深まった1944年(昭和19年)には岐阜県羽島郡笠松町に疎開し、1951年(昭和26年)に東京に戻ったという[10]

東京に戻ってしばらくして、高見(柳妻)は芸能界に復帰し、満54歳であった1953年(昭和28年)1月22日に公開された上原謙杉葉子の主演作『夫婦』(監督成瀬巳喜男)に出演した記録が残っている[5][8][9]。しかしながら、同作以降の出演歴は不明である[5][8][9]

1979年(昭和54年)10月23日に発行された『日本映画俳優全集・男優編』(キネマ旬報社)の柳妻の項目によれば、すでに引退はしていたが、満81歳を迎えるその当時は存命で、東京都三鷹市上連雀に住んでいたようである[1]。高見映の回想によれば、正確な没年月日は伏せられているが、『ノッポさんがしゃべった日』の執筆されたころ(1991年5月発行)から数年前に亡くなったという[18]。また近年、読売新聞のインタビューで、高見映は自身が54歳の時に亡くなったと発言している[19]。したがって没年は1988年1989年、満90歳あるいは91歳没となる。

フィルモグラフィ[編集]

『活動狂時代』(1926年)公開時のポスター、左上が柳妻(当時満28歳)の「大チャプ」、右下が松尾文人(当時満9歳)の「小チャプ」の図。

クレジットは、すべて「出演」である[5][6]。公開日の右側には役名[5][6]、および東京国立近代美術館フィルムセンター(NFC)、マツダ映画社所蔵等の上映用プリントの現存状況についても記す[9][20]。同センター等に所蔵されていないものは、とくに1940年代以前の作品についてはほぼ現存しないフィルムである。資料によってタイトルの異なるものは併記した。

マキノプロダクション御室撮影所[編集]

すべて製作は「マキノプロダクション御室撮影所」、配給は「マキノ・プロダクション」、すべてサイレント映画、特筆以外は「柳妻麗三郎」名義である[5][6]

  • 『奇傑鬼鹿毛 第二篇』 : 総指揮マキノ省三、監督金森萬象、原作・脚本寿々喜多呂九平、撮影橋本佐一呂、主演武井龍三、1925年9月11日公開 - 浮鮫源三郎秀春(「高見嘉一」名義)
  • 『糸の乱れ 後篇』 : 総監督牧野省三(マキノ省三)、監督・脚色沼田紅緑、原作前田曙山、撮影宮崎安吉、主演澤村長十郎、1925年10月23日公開 - 平領百姓 甚六(「高見嘉一」名義)
  • 『駕屋の先生』 : 監督・原作・脚色沼田紅緑、撮影松浦茂、主演岩城秀哉、1925年10月30日公開 - 百姓多左衛門
  • 『街にぶらさがった糸瓜』 : 監督井上金太郎、原作・脚本寿々喜多呂九平、撮影大森伊八、主演中根龍太郎、1925年12月31日公開 - 人力車夫
  • 『喧嘩日記』 : 監督・脚本井上金太郎、原作秋篠珊次郎(井上金太郎)、撮影石野誠三、主演マキノ正唯(マキノ正博)、1926年1月31日公開 - 軽業師
  • 『豆本太閤記』 : 監督・原作・脚色曾根純三、撮影三木稔、主演坪井哲、1926年2月26日公開 - 怪しき旅人
  • 『活動狂時代』 : 監督曾根純三、原作・脚色椎名良太(曾根純三)、撮影三木稔、主演松尾文人、1926年5月5日公開 - チャップリンに似た男
  • 『わすれ髪』 : 総指揮マキノ省三、監督・原作・脚色人見吉之助、撮影田中十三、主演大谷友三郎、1926年5月6日公開 - 番頭七兵衛
  • 憤怒』 : 監督沼田紅緑、原作・脚本西條照太郎、撮影松田定次、主演大谷友三郎、1926年7月1日公開 - おせきの兄長作
  • 『天狗になった話』 : 監督曾根純三、脚本椎名良太(曾根純三)、撮影三木稔、主演都賀一司、1926年11月7日公開 - 父伊五平
  • 照る日くもる日 第一篇』 : 総指揮マキノ省三、監督二川文太郎、原作大佛次郎、脚本並木狂太郎(並木鏡太郎)、撮影石本秀雄、主演若松文男、1926年11月7日公開 - 猿の源次
  • 照る日くもる日 第二篇』 : 総指揮牧野荘造(マキノ省三)、監督二川文太郎、原作大佛次郎、脚本並木狂太郎(並木鏡太郎)、撮影石本秀雄、主演若松文男、1926年11月26日公開 - 猿の源次
  • 大尉の娘』 : 監督井上金太郎、原作中内蝶二、脚本秋篠珊次郎(井上金太郎)、撮影松浦しげる(松浦茂)、主演関根達発、1927年1月10日公開 - 隣の男
  • 照る日くもる日 第四篇』 : 監督人見吉之助、原作大佛次郎、脚本並木狂太郎(並木鏡太郎)、撮影田中十三、主演大谷友三郎、1927年4月7日公開 - 猿の源次
  • 『踊る霊魂』 : 監督・原作・脚色芝蘇呂門、撮影田中十三、主演須田笑子、1927年7月29日公開 - 林英二
  • 『神州天馬侠 第一篇』 : 監督曾根純三、原作吉川英治、脚本椎名良太(曾根純三)、撮影三木稔・石野誠三、主演マキノ潔、1928年2月3日公開 - 果心居士
  • ひよどり草紙 第二篇』 : 監督人見吉之助、原作吉川英治、脚本内田菊子(社喜久江)、撮影木村角山、主演岡島艶子、1928年3月8日公開 - 猟師豚兵衛
  • 忠魂義烈 実録忠臣蔵』 : 総指揮・監督マキノ省三、監督補秋篠珊次郎(井上金太郎)、脚本山上伊太郎・西条照太郎、撮影田中十三、撮影補藤井春美、主演伊井蓉峰諸口十九、1928年3月14日公開 - 奥田孫太夫重盛、78分尺で現存(NFC所蔵[9]) / 65分尺で現存(マツダ映画社所蔵[20]
  • ひよどり草紙 第三篇』 : 監督人見吉之助、原作吉川英治、脚本内田菊子(社喜久江)、撮影木村角山、主演岡島艶子、1928年3月28日公開 - 猟師豚兵衛
  • ひよどり草紙 第四篇』 : 監督人見吉之助、原作吉川英治、脚本内田菊子(社喜久江)、撮影木村角山、主演岡島艶子、1928年4月9日公開 - 猟師豚兵衛
  • ひよどり草紙 第五篇』 : 監督人見吉之助、原作吉川英治、脚本内田菊子(社喜久江)、撮影木村角山、主演岡島艶子、1928年4月22日公開 - 猟師豚兵衛
  • 『神州天馬侠 第二篇』 : 監督曾根純三、原作吉川英治、脚本椎名良太(曾根純三)、撮影三木稔・石野誠三、主演マキノ潔、1928年4月27日公開 - 果心居士
  • 蹴合鶏』 : 総指揮マキノ省三、監督マキノ正博、原作・脚本山上伊太郎、撮影松浦茂、主演南光明、1928年6月29日公開 - 八助
  • 『神州天馬侠 第三篇』 : 監督吉野二郎、原作吉川英治、脚本・撮影三木稔、主演マキノ潔、1928年7月27日公開 - 果心居士
  • 『神州天馬侠 第四篇』 : 監督吉野二郎、原作吉川英治、脚本三木みのる(三木稔)、撮影野村金吾、主演マキノ潔、1928年9月21日公開 - 果心居士
  • 『大学のイーグル 第一篇』 : 監督川浪良太、原作・脚本寿々喜多呂九平、撮影大塚周一、主演東郷久義、1928年9月28日公開 - アパートの主人
  • 『大学のイーグル 第三篇』 : 監督川浪良太、原作・脚本寿々喜多呂九平、撮影木村角山、主演東郷久義、1929年1月20日公開 - 五平
  • 『豊大閤 足軽篇』 : 総指揮・立案マキノ省三、監督・脚色中島宝三、撮影野村金吾、主演河津清三郎、1929年3月21日公開 - 雲水の僧
  • 『三朝小唄』(『温泉悲話 三朝小唄』[9]) : 監督・原作・脚本人見吉之助、主演秋田伸一、1929年6月14日公開 - 富屋の息子 薄野呂の杢之助、『温泉悲話 三朝小唄』題・57分尺で現存(NFC所蔵[9]
  • 『刀を抜いて』 : 監督二川文太郎、原作岡本一平、脚本紫乃塚乙馬(二川文太郎)、撮影大塚周一、主演中根龍太郎、1929年10月24日公開 - 小坂庄兵衛
  • 『早慶戦時代』 : 監督川浪良太、原作斎藤三郎、脚本八田尚之、撮影石野誠三、主演中根龍太郎、1929年11月15日公開 - 慶応方ファン前田玄造翁
  • 浪人街 第三話 憑かれた人々』 : 監督マキノ正博、原作・脚本山上伊太郎、撮影三木稔、主演澤村國太郎、1929年11月15日公開 - 用人喜内
  • 娘義太夫』 : 監督人見吉之助、原作・脚本山下与志衛、撮影若宮廣三、主演浦路輝子、1929年11月28日公開 - 浜田米吉
  • 総動員』 : 監督・原作・脚本川浪良太、撮影若宮廣三、主演大貫憲二、1930年2月21日公開 - 毛唐人
  • 『人斬伊太郎』 : 監督・脚本並木鏡太郎、原作長谷川伸、撮影三木稔、主演谷崎十郎、1930年2月28日公開 - 藤堂伝馬
  • 『煉獄二道』 : 監督吉野二郎、原作国枝史郎、脚本杉本九一郎、撮影田邊憲治、主演市川米十郎、1930年6月13日公開 - ポール
  • 『呑気放亭』 : 監督・脚本根岸東一郎、原作岡本一平、撮影山本雅久、主演中根龍太郎、1931年1月10日公開

戦後[編集]

トーキーであり、「高見嘉一」名義である[5][8][9]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o キネマ旬報社[1979], p.600.
  2. ^ a b c d e f g h i 映画世界社[1928], p.77.
  3. ^ a b c d e f g h i 映画世界社[1929], p.101.
  4. ^ 柳妻麗三郎jlogos.com, エア、2013年6月12日閲覧。
  5. ^ a b c d e f g h i j k l m 柳妻麗三郎高見嘉一日本映画データベース、2013年6月12日閲覧。
  6. ^ a b c d e f g 柳妻麗三郎、日本映画情報システム、文化庁、2013年6月12日閲覧。
  7. ^ 柳妻麗三郎allcinema, 2013年6月12日閲覧。
  8. ^ a b c d e 高見嘉一東宝 映画データベース、2013年6月12日閲覧。
  9. ^ a b c d e f g h i j 柳妻麗三郎高見嘉一東京国立近代美術館フィルムセンター、2013年6月12日閲覧。
  10. ^ a b c d e f 高見[1991], p.92-95.
  11. ^ a b c ラクゴロク「しゃべるノッポさんは落語流」高見のっぽ朝日新聞、2006年7月10日付、2013年6月12日閲覧。
  12. ^ a b c 岩本[2005], p.131-133.
  13. ^ a b 映画世界社[1934], p.77.
  14. ^ くまもと[2000], p.56.
  15. ^ 藤山[2012], p.150-151.
  16. ^ 1929年 マキノ・プロダクション御室撮影所所員録立命館大学、2013年6月12日閲覧。
  17. ^ 御室撮影所、立命館大学、2013年6月12日閲覧。
  18. ^ 高見[1991], p.34.
  19. ^ 古岡三枝子 (2007年12月11日). “聞き書き 俳優高見のっぽさん(9)”. 読売新聞. オリジナル2009年7月14日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20090714001516/http://osaka.yomiuri.co.jp/mama/tokusyu/kodomo/mc20071211kk03.htm 2013年8月25日閲覧。 
  20. ^ a b 主な所蔵リスト 劇映画 邦画篇マツダ映画社、2013年6月12日閲覧。

参考文献[編集]

  • 『日本映画俳優名鑑 昭和四年版』、映画世界社、1928年発行
  • 『日本映画俳優名鑑 昭和五年版』、映画世界社、1929年発行
  • 『日本映画俳優名鑑 昭和九年版』、映画世界社、1934年発行
  • 『日本映画俳優全集・男優編』、キネマ旬報社、1979年10月23日
  • 『ノッポさんがしゃべった日』、高見映丸善メイツ、1991年5月 ISBN 4895770516
  • 『芸能人物事典 明治大正昭和』、日外アソシエーツ、1998年11月 ISBN 4816915133
  • 『くまもとの女性史』、くまもと女性史研究会、熊本日日新聞情報文化センター、2000年3月 ISBN 4877550828
  • 『時代劇伝説 チャンバラ映画の輝き』、岩本憲児、森話社、2005年10月 ISBN 4916087569
  • 『天一一代 明治のスーパーマジシャン』、藤山新太郎エヌティティ出版、2012年6月29日 ISBN 4757150822

関連項目[編集]