柳家喬之助

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

柳家 喬之助(やなぎや きょうのすけ)は、落語家


柳家 喬之助やなぎや きょうのすけ
本名 加賀谷 宗一
生年月日 (1971-03-04) 1971年3月4日(48歳)
出身地 日本の旗 日本埼玉県所沢市
師匠 柳家さん喬
名跡 1. 柳家さん市(1993年 - 1997年)
2. 柳家喬之助(1997年 - )
出囃子 絵島生島
活動期間 1993年 -
所属 落語協会
受賞歴
北とぴあ若手落語家競演会奨励賞(2002年)

柳家 喬之助(やなぎや きょうのすけ、1971年3月4日 - )は埼玉県所沢市出身の落語協会所属の落語家。本名は加賀谷 宗一(かがや むねかず)。出囃子は『絵島生島』。明海大学経済学部中退。学生時代に『本の雑誌』の「助っ人」を体験[1]。プロレス記者を志して東京スポーツ新聞社編集局で「坊や」と呼ばれる庶務アルバイトを経験する。

なお、過去には橘家の家号を使った喬之助が2人ほど確認されている。

受賞歴[編集]

  • 2002年 - 北とぴあ若手落語家競演会 奨励賞

出典[編集]

  • 諸芸懇話会、大阪芸能懇話会共編『古今東西落語家事典』平凡社、ISBN 458212612X
  • 今週の噺家

脚注[編集]

  1. ^ 『本の雑誌』2013年7月