柳沢保興

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
 
柳沢保興
時代 江戸時代後期
生誕 文化12年6月17日1815年7月23日
死没 嘉永元年8月21日1848年9月18日
戒名 天寧院鎮山全功大居士
墓所 東京都新宿区市ヶ谷河田町の月桂寺
官位 従五位下、従四位下、造酒正、甲斐
幕府 江戸幕府
大和国郡山藩
氏族 柳沢氏
父母 父:柳沢保泰、母:野島氏
兄弟 保興小笠原長和光昭
正室:島津重豪の娘・淑姫
保申

柳沢 保興(やなぎさわ やすおき)は、江戸時代後期の大名郡山藩の第5代藩主。郡山藩柳沢家6代。

文化12年(1815年)6月17日、第4代藩主柳沢保泰の長男として郡山城で生まれる。文政13年(1830年)4月11日に元服し、同年12月16日に従五位下に叙任する。天保9年(1838年)、父の死去で跡を継いだ。弘化2年(1845年)12月16日に従四位下に昇進する。

嘉永元年(1848年)8月21日、江戸幸橋邸で死去した。享年34。跡を三男の保申が継いだ。