柳生久通

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

柳生 久通(やぎゅう ひさみち、延享2年(1745年) - 文政11年8月24日1828年10月2日)は、江戸時代中期から後期の旗本柳生久隆の長男。小栗信安、森川俊親の兄。養子に久知(山名義徳の子)、久包がいる。歴代勘定奉行の中で最も長い期間(28年強)務めた。通称は玄蕃、官位は従五位下主膳正に叙任された。

経歴[編集]

※日付は旧暦。

逸話[編集]

松平定信の近習番を務めた水野為長が市中から集めた噂を記録した『よしの冊子』によると、町奉行に就任した当初、「3代将軍・徳川家光の剣術指南役を務めた柳生一族の家系の者が町奉行になった[注釈 1]」と江戸市中で噂になったとある[1]

町奉行としての仕事ぶりは、「白洲の場においては、大した知恵も出ず、衣服を取り繕ったり、帳面に書かれていることを繰り返し穿鑿したりしている」と評され、前任者の石河政武のような知恵も出せず、久通が100年勤めても石河の1年分の仕事にも及ばないとまで言われた。また、仕事に念を入れすぎるために「怪しからずめんみつ丁寧」と評され、処理に時間がかかり経費もその分余計にかかったという[2]

勘定奉行上座に就任した久通は、老中の松平定信には気に入られ、当時勘定奉行だった根岸鎮衛たちが申請してもなかなか承知しなかった案件を、久通に頼んで上申してもらったら、すぐに許可が下りたという。仕事には熱心であったが、同時に江戸城からの退出時間は非常に遅かった。久通の部下である御勘定たちは、奉行が帰らないので先に退出するわけにもいかず、そのために毎日のように日没後に下城することを強いられ、非常に難儀した。同僚の勘定奉行である久世広民から「もうよかろふ」と催促されても仕事を切り上げず、寛政4年(1792年)に定信が久世を通して「暑い時は御勘定所も早めに仕事を終えた方がいい」と伝えたところ、久通はその日は特に遅くまで仕事をし、その後も同様に遅くまで城に残って仕事を続けたという[3]

創作上の柳生久通[編集]

荒山徹の時代小説『魔岩伝説』では、小野派一刀流の剣客と設定されている遠山景元と久通が争っているが、久通は柳生宗矩のような剣術に秀でた能吏として描写されている。また、内田勝晴の経済小説『家康くんの経済学入門』では、経済通として描写されている。

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 久通の曽祖父・十郎右衛門久辰は村田姓を名乗る剣術家であったが、当時まだ甲府藩主であった徳川家宣に仕えていた頃に、柳生藩主柳生備前守俊方に柳生姓を称することを許された。以後、その子孫も柳生を名乗ることになったのであり、久通が柳生宗矩の血筋というのは誤りである。

出典[編集]

  1. ^ 『武士の評判記』95ページ
  2. ^ 『武士の評判記』97 - 99ページ
  3. ^ 『武士の評判記』132 - 135ページ

参考文献[編集]

  • 山本博文『武士の評判記 『よしの冊子』にみる江戸役人の通信簿』(新人物往来社、2011年)