柳田伸明

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
柳田 伸明 Football pictogram.svg
名前
カタカナ ヤナギダ ノブアキ
ラテン文字 YANAGIDA Nobuaki
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1970-12-09) 1970年12月9日(47歳)
出身地 東京都
選手情報
ポジション MF
ユース
1989-1992 創価大学
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1993-1995 富士通
1997-1998 水戸ホーリーホック
監督歴
2015 大分トリニータ
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート(■ノート ■解説■サッカー選手pj

柳田 伸明(やなぎだ のぶあき、1970年12月9日 - )は、東京都出身の元サッカー選手、サッカー指導者である。現役時代のポジションはミッドフィールダー

来歴[編集]

1998年に現役を引退後、水戸ホーリーホックコーチを経て、2000年より当時J2大分トリニータにU-18コーチとして加入。以降16年間に渡り、トップチーム、下部組織、強化部など様々なカテゴリで大分のスタッフを務めた。2011年からは強化部、育成部の一本化に伴い設立された強化・育成部の部長に就任。チームの強化、下部組織を同時に任される事となった。 2015年、開幕から大分が低迷しJ3リーグ降格の危機を迎えた事から、5月20日にトップチームコーチに強化育成部長を兼任する形で就任。2010年以来5年ぶりの現場復帰となった。その後もチーム状況は好転しなかったことで、6月1日に監督の田坂和昭を解任し、監督代行を経て7月2日に監督に就任した。前監督とは打って変わってスターティングメンバーを殆ど固定し、選手の自主性を重視する戦術を採った[1]。7月には3勝を挙げるなど一時的に復調は果たすが、その後4連敗を喫するなど完全に復調するまでには至らず、降格圏内から抜け出せない状況が続いた。結局、最後は4連敗でリーグ戦を終え最終成績は21位となり、J2・J3入れ替え戦に出場が決定。町田との戦いとなった入れ替え戦は、まず第1戦を1-2で落とす。ホームで迎えた第2戦は、前半に大分がPKを得るも高松大樹がこれを決められず、逆に後半に町田にPKを与えそれを決められ明暗が分かれた。この得点が決勝点となり0-1で敗戦、トータルスコア1-3で大分の入れ替え戦敗退、そしてJ3リーグ降格が決定した。この責任を取る形で翌12月7日、大分の監督を退任することを発表。その後、中国リーグ甲級河北華夏幸福のアシスタントコーチに就任。

選手歴[編集]

指導歴[編集]

  • 1999年 日本の旗水戸ホーリーホック コーチ[2]
  • 2000年 - 2015年 日本の旗大分トリニータ
    • 2000年 U-18コーチ[2]
    • 2001年 - 2003年 強化担当[2]
    • 2004年 サテライトコーチ[2]
    • 2005年 U-18コーチ
    • 2005年 - 2009年 コーチ
    • 2010年 ヘッドコーチ
    • 2011年 - 強化育成部・部長[2]
    • 2015年5月 コーチ※
    • 2015年6月 - 7月 監督代行※[2]
    • 2015年7月 - 12月 監督
  • 2016年 - 中華人民共和国の旗河北華夏幸福 アシスタントコーチ

※強化育成部・部長との兼任

監督成績[編集]

年度 クラブ 所属 リーグ戦 カップ戦
順位 勝点 試合 ナビスコ杯 天皇杯
2015 大分 J2 21位 27 26 6 9 11 - 3回戦
総通算 - - 26 6 9 11 - -

※柳田の在任期間での成績(代行時代も含む)。順位は最終順位。

脚注[編集]

関連項目[編集]