柳田泉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

柳田 泉(やなぎだ いずみ、1894年明治27年)4月27日 - 1969年昭和44年)6月7日)は、明治文学研究者、翻訳家。

人物・来歴[編集]

青森県中津軽郡豊田村(現・弘前市)出身。1918年に早稲田大学英文科卒業。トルストイの小説や、『カーライル全集』、『ホイットマン全集』、『アミエルの日記』など英訳版からの重訳を含め、多くの思想哲学書を翻訳出版した。

関東大震災以後は明治文学を中心にした文芸史研究に専念、1924年には、吉野作造などの「明治文化研究会」に参加、資料収集・編纂、実証研究で多大な成果がある。

1935年から母校早稲田で文学史を講じ、のち文学部教授となった。『明治文化全集』(日本評論社)や『明治文学全集』(筑摩書房)の編集にも参画、多数の巻を校訂した。内田魯庵『紙魚繁昌記』(新版・平凡社東洋文庫)など、多くの魯庵の著書校訂もしている。

太平洋戦争末期の空襲により、約1万5千冊の蔵書・資料を焼失したが、戦後も資料収集を続け、膨大な蔵書は没後早稲田大学図書館に寄贈され「柳田泉文庫」となった。

晩年は跡見学園女子大学の創設にかかわり、初代文学部長を務めた。1969年、肺炎のため死去[1]

著書[編集]

単著[編集]

  • 『希臘思想の研究』春秋社〈新学芸講座 第2編〉、1922年6月。
  • 『幸田露伴』岩波書店〈岩波講座日本文学〉、1932年11月。
  • 『明治初期の翻訳文学』松柏館書店〈明治文学叢刊 第1巻〉、1935年2月。
  • 『政治小説研究』上巻、春秋社〈明治文学叢刊 第2巻〉、1935年5月。
  • 『政治小説研究』中巻、春秋社〈明治文学叢刊 第3巻〉、1935年10月。
  • 『政治小説研究』下巻、春秋社〈明治文学叢刊 第4巻〉、1939年7月。
    • 新訂版 『政治小説研究』上・中・下巻、春秋社〈明治文学研究 8・9・10〉、1967年。
  • 『明治初期翻訳文学年表』春秋社、1935年。
  • 『随筆 明治文学』春秋社、1936年8月。
  • 『続 随筆 明治文学』春秋社、1938年8月。
  • 『東洋古典物語』千倉書房、1937年3月。
  • 『伝記小説 孔子』千倉書房、1939年2月。
  • 『成吉思汗と東西洋』鉄道総局人事局厚生課〈社員教養資料 第2輯〉、1939年3月。
  • 『初期明治文学の輪郭』日本放送出版協会〈ラジオ新書 45〉、1941年4月。
  • 『成吉思汗平話壮年のテムヂン』大観堂、1942年1月。
  • 『幸田露伴』中央公論社、1942年2月。
    • 増補版 『幸田露伴』真善美社、1947年11月。
  • 『明治・大正の海洋文学』くろがね会〈くろがね会海洋講座 第1輯〉、1942年3月。
  • 『海洋文学と南進思想』日本放送出版協会〈ラジオ新書 94〉、1942年11月。
  • 『南進思想の文学について』南洋経済研究所出版部〈南洋資料 第247号〉、1943年8月。
  • 『明治建設人物伝』日本放送出版協会〈ラジオ新書 104〉、1943年9月。
  • 『明治の人物 自由思想に貢献せる人々』東京講演会、1946年4月。
  • 『哲人三宅雪嶺先生』実業之世界社、1956年4月。
  • 『花袋文学の母胎』春秋社〈田山花袋の文学 1〉、1957年1月。
  • 『少年花袋の文学』春秋社〈田山花袋の文学 2〉、1958年9月。
  • 『啓蒙期文学』岩波書店〈岩波講座日本文学史 第13巻〉、1959年2月。
  • 『若き坪内逍遥』春秋社〈明治文学研究 1〉、1960年9月。
    • 復刻 『若き坪内逍遥 明治文学研究Ⅰ』日本図書センター〈近代作家研究叢書 40〉、1984年9月。
  • 『明治初期翻訳文学の研究』春秋社〈明治文学研究 5〉、1961年9月。
  • 『日本革命の予言者 木下尚江』春秋社、1961年5月。
  • 『明治文明史における大隈重信 早稲田大学創立八十年記念出版』早稲田大学出版部、1962年10月。
  • 『明治の書物・明治の人』桃源社、1963年。
  • 『心影・書影』桃源社、1964年6月。
  • 『福地桜痴』吉川弘文館人物叢書129〉、1965年12月。
    • 新装版 『福地桜痴』吉川弘文館〈人物叢書〉、1989年2月。ISBN 9784642051460。
  • 『明治初期の文学思想 上巻』春秋社〈明治文学研究 4〉、1965年3月。
  • 『明治初期の文学思想 下巻』春秋社〈明治文学研究 6〉、1965年7月。
  • 『「小説神髄」研究』春秋社〈明治文学研究 2〉、1966年11月。
    • 復刻 『「小説神髄」研究』日本図書センター〈近代作家研究叢書 55〉、1987年10月。ISBN 9784820506843。
  • 『柳田泉自伝』明治文化研究会編、広文庫〈明治文化研究 第6集〉、1972年6月。
  • 『西洋文学の移入』春秋社〈明治文学研究 7〉、1974年7月。全9冊刊
  • 『明治文学研究夜話』《リキエスタ》の会、2001年4月。ISBN 9784887521384。「明治文学全集」月報連載
  • 『随筆明治文学 1 政治篇・文学篇』平凡社東洋文庫 741〉、2005年8月。ISBN 9784582807417。
  • 『随筆明治文学 2 文学篇・人物篇』平凡社〈東洋文庫 742〉、2005年9月。ISBN 9784582807424。
  • 『随筆明治文学 3 人物篇・叢話篇』平凡社〈東洋文庫 744〉、2005年11月。ISBN 9784582807448。
  • 『柳田泉の文学遺産 第一巻』川村伸秀編、右文書院、2009年9月。ISBN 9784842107271。
  • 『柳田泉の文学遺産 第二巻』川村伸秀編、右文書院、2009年8月。ISBN 9784842107288。
  • 『柳田泉の文学遺産 第三巻』川村伸秀編、右文書院、2009年6月。ISBN 9784842107295。

編集[編集]

  • 内田魯庵『明治の作家』筑摩書房、1941年10月。
  • 『柳田甫遺稿集 梅清集』柳田泉、1943年4月。
  • 『明治政治小説集 1』筑摩書房明治文学全集 5〉、1966年。
  • 『明治政治小説集 2』筑摩書房〈明治文学全集 6〉、1967年。
  • 『福地桜痴集』筑摩書房〈明治文学全集 11〉、1966年6月。
  • 『三宅雪嶺集』筑摩書房〈明治文学全集 33〉、1967年3月。
  • 『幸田露伴集』筑摩書房、1968年11月。ISBN 9784480103253。
  • 『民友社文学集』筑摩書房〈明治文学全集 36〉、1970年4月。
  • 『世界名著解題』第1巻、ゆまに書房〈書誌書目シリーズ 30〉、1991年2月。ISBN 9784896683868。
  • 『世界名著解題』第2巻、ゆまに書房〈書誌書目シリーズ 30〉、1991年2月。ISBN 9784896683875。
  • 『世界名著解題』第3巻、ゆまに書房〈書誌書目シリーズ 30〉、1991年2月。ISBN 9784896683882。

翻訳[編集]

  • ジヨン・リイチ『人と人』大日本文明協会事務所、1921年2月。
  • ジャコモ・レオパルディ『大自然と霊魂との対話』杜翁全集刊行会〈杜翁紀念文庫 4〉、1921年2月。
  • ウォルト・ホイットマン『十一月の枝』杜翁全集刊行会〈杜翁紀念文庫 7〉、1921年5月。
  • ヘンリー・デイヴィッド・ソロー『自然人の冥想』杜翁全集刊行会〈杜翁紀念文庫 10〉、1921年8月。
  • ジョン・スチュアート・ミル『自由論』春秋社、1921年11月。
  • ゴットホルト・エフライム・レッシング『ラオコオン』杜翁全集刊行会〈杜翁紀念文庫 第18篇〉、1922年4月。
  • トーマス・カーライル『フランス大革命』春秋社〈カーライル全集 第1巻〉、1922年11月。
  • ディミトリー・メレシュコフスキー『ピイタアとアレキシス』前編、杜翁全集刊行会〈杜翁紀念文庫 15〉、1922年1月。
  • ディミトリー・メレシュコフスキー『ピイタアとアレキシス』後編、杜翁全集刊行会〈杜翁紀念文庫 61〉、1922年2月。
  • レフ・トルストイ『十二月党員』春秋社、1923年6月。
  • ブレーズ・パスカル『感想録』文明書院、1923年2月。
  • トーマス・カーライル『英雄及英雄崇拝』春秋社〈カーライル全集 第5巻〉、1923年5月。
  • トーマス・カーライル『サータア・リザータス』春秋社〈カーライル全集 第4巻〉、1924年1月。
  • トーマス・カーライル『過去と現在』春秋社〈カーライル全集 第6巻〉、1924年9月。
  • トーマス・カーライル『フランス大革命 第2部(憲法)』春秋社〈カーライル全集 第2巻〉、1925年5月。
  • トーマス・カーライル『フランス大革命 第3部(ギロチン)』春秋社〈カーライル全集 第3巻〉、1925年9月。
  • アンリ・フレデリック・アミエル『アミエルの日記』後編、春秋社、1925年10月。
  • チャールズ・ディケンズ『二都物語』新潮社〈世界文学全集 18〉、1928年10月。
  • ラルフ・ワルド・エマーソン『代表偉人論・自然論・論文鈔』春秋社〈世界大思想全集 21〉、1931年3月。
  • ラルフ・ワルド・エマーソン『自然論』春秋社〈春秋文庫 5〉、1933年5月。
  • ラルフ・ワルド・エマーソン『代表偉人論』春秋社〈春秋文庫 3〉、1933年。

共著[編集]

  • 『明治文化研究論叢』明治文化研究会編、一元社、1934年4月。
  • 河竹繁俊、柳田泉『坪内逍遥』冨山房、1939年5月。
  • 『明治文化の新研究』尾佐竹猛編、亜細亜書房、1944年3月。

共編[編集]

  • 内田魯庵『魯庵随筆 紙魚繁昌記』斎藤昌三・柳田泉編、書物展望社、1932年2月。改版1943年
  • 内田魯庵『魯庵随筆 読書放浪』斎藤昌三・柳田泉編、書物展望社、1932年6月。
  • 内田魯庵『続 魯庵随筆 紙魚繁昌記』斎藤昌三・柳田泉編、書物展望社、1934年。復刻・沖積舎(正・続)、2001年
  • 山田美妙『美妙選集』(上・下)、柳田泉・塩田良平小泉苳三編、立命館出版部、1935年10月。
  • 内田魯庵『魯庵随筆 気紛れ日記』柳田泉・木村毅編、双雅房、1936年6月。
  • 『座談会 明治文学史』柳田泉・勝本清一郎・猪野謙二編、岩波書店、1961年6月。
  • 『座談会 大正文学史』柳田泉・勝本清一郎・猪野謙二編、岩波書店、1965年4月。
  • 『坪内逍遥 會津八一往復書簡』柳田泉・長島健編、中央公論美術出版、1968年12月。
  • 内田魯庵『読書放浪 魯庵随筆』斎藤昌三・柳田泉編、紅野敏郎解説、平凡社〈東洋文庫 603〉、1996年8月。ISBN 9784582806038。ワイド版2009年
  • 『座談会明治・大正文学史(1)』柳田泉・勝本清一郎・猪野謙二編、岩波書店〈岩波現代文庫 文芸 6〉、2000年1月。ISBN 9784006020064。
  • 『座談会明治・大正文学史(2)』柳田泉・勝本清一郎・猪野謙二編、岩波書店〈岩波現代文庫 文芸 7〉、2000年2月。ISBN 9784006020071。
  • 『座談会明治・大正文学史(3)』柳田泉・勝本清一郎・猪野謙二編、岩波書店〈岩波現代文庫 文芸 8〉、2000年5月。ISBN 9784006020088。
  • 『座談会明治・大正文学史(4)』柳田泉・勝本清一郎・猪野謙二編、岩波書店〈岩波現代文庫 文芸 9〉、2000年5月。ISBN 9784006020095。
  • 『座談会明治・大正文学史(5)』柳田泉・勝本清一郎・猪野謙二編、岩波書店〈岩波現代文庫 文芸 10〉、2000年6月。ISBN 9784006020101。
  • 『座談会明治・大正文学史(6)』柳田泉・勝本清一郎・猪野謙二編、岩波書店〈岩波現代文庫 文芸 11〉、2000年7月。ISBN 9784006020118。

共訳[編集]

  • キング『生活費省減問題』柳田泉・宮沢未男訳、大日本文明協会事務所、1919年8月。
  • フレデリック・アウスチン・オッグ『現代の社会的進歩』柳田泉・宮沢未男訳、大日本文明協会、1919年12月。
  • デーヴィッド・ハーバート・ローレンス『小説 虹』宮島新三郎・柳田泉訳、新潮社、1924年6月。
  • ジャン=ジャック・ルソー『エミール』上巻、平林初之輔・柳田泉訳、春秋社〈世界家庭文学名著選〉、1924年4月。
  • ジャン=ジャック・ルソー『エミール』下巻、平林初之輔・柳田泉訳、春秋社〈世界家庭文学名著選〉、1924年5月。
  • レフ・トルストイ『人生論・芸術論』柳田泉・古館清太郎訳、春秋社〈春秋文庫 第三部 39〉、1933年。

目録[編集]

  • 『柳田泉先生年譜並著作目録』柳田先生記念会、1965年2月。
  • 「故柳田泉先生著述目録(昭和40年以降)」『国文学研究』第40号、早稲田大学国文学会、1969年6月、 111-113頁、 NAID 40001362343
  • 「柳田泉著・編・翻訳書目録」『日本古書通信』第34巻第7号、日本古書通信社、1969年7月、 13-14頁、 NAID 40002911722
  • 『柳田泉文庫目録』早稲田大学図書館〈早稲田大学図書館文庫目録 第12輯〉、1988年3月。

論文[編集]

  • 「近代日本文豪伝・幸田露伴――露伴の文学・露伴と紅葉」『読書展望』第3巻第9号、読書展望社、1948年9月、 11-15頁、 NAID 40002694449
  • 「子規と湖村と」『丹頂』第1巻第6号、丹頂書房、1948年10月、 8-11頁、 NAID 40002328246
  • 「木下尚江」『文学』第17巻第3号、岩波書店、1949年3月、 57-63頁、 NAID 40003388338
  • 「緑雨と桜痴――開化期の諷刺文学」『書物展望』第16巻第3号、書物展望社、1949年8月、 1-10頁、 NAID 40001873775
  • 「明治文学随想」『文芸公論』第1巻第4号、丹頂書房、1949年9月、 35-39頁、 NAID 40003414757
  • 「雑誌のはじめ」『新小説』第5巻第4号、春陽堂、1950年4月、 60-61頁、 NAID 40001908166
  • 「明治小説のモデルについて」『国文学解釈と鑑賞』第15巻第7号、至文堂、1950年7月、 28-32頁、 NAID 40001342298
  • 「戯作文学のはなし――明治はじめの文学 ―1―」『新日本文学』第5巻第5号、新日本文学会、1950年7月、 9-13頁、 NAID 40001944594
  • 「戯作文学のはなし ―2―」『新日本文学』第5巻第6号、新日本文学会、1950年8月、 44-53頁、 NAID 40001944460
  • 「明治文学の現代的生命」『国文学解釈と鑑賞』第16巻第1号、至文堂、1951年1月、 25-33頁、 NAID 40001341427
  • 「明治初期文学と福沢諭吉先生 ―昭和廿五年一月十日、慶応義塾にての講演― (昭和二十六年九月補訂)」『国文学研究』第5号、早稲田大学国文学会、1951年12月、 37-47頁、 NAID 120005480061
  • 「近代日本における政治と文学の交流――明治新政府文芸政策の一端」『人文科学研究』第11号、早稲田大学人文科学研究所、1952年5月、 1-44頁、 NAID 40001947103
  • 「紅葉山人の父谷斎の武田姓」『明治大正文学研究』第9号、東京堂、1952年12月、 19-25頁、 NAID 40003636204
  • 「雲井竜雄詩文集――わが読書」『群像』第8巻第12号、講談社、1953年12月、 185頁、 NAID 40000821463
  • 「藤村兄弟の文学について」『国文学研究』第9・10号、早稲田大学国文学会、1954年3月、 665-687頁、 NAID 120005480141
  • 「藤村の恋愛」『文芸』第11号、河出書房、1954年9月、 71-77頁、 NAID 40003409255
  • 「二葉亭四迷とその周囲」『文学』第22巻第10号、岩波書店、1954年10月、 1037-1047頁、 NAID 40003388560
  • 「女学雑誌」『文学』第23巻第1号、岩波書店、1955年1月、 NAID 40003382965
  • 「二葉亭とその周囲」『文学』第23巻第2号、岩波書店、1955年2月、 164-179頁、 NAID 40003382985
  • 「明治に於ける社会主義文学の勃興と展開」『明治大正文学研究』第15号、東京堂、1955年2月、 1-33頁、 NAID 40003636026
  • 「二葉亭とその周囲」『文学』第23巻第5号、岩波書店、1955年5月、 501-512頁、 NAID 40003382863
  • 「尚江遺稿への序章」『文学』第23巻第7号、岩波書店、1955年7月、 NAID 40003382875
  • 「鏡花憶語」『文庫』第46号、岩波書店、1955年7月、 NAID 40003430954
  • 「文学改良運動」『国語と国文学』第32巻第10号、至文堂、1955年10月、 8-23頁、 NAID 40001293679
  • 「涙香以前から涙香へ」『日本古書通信』第21巻第3号、日本古書通信社、1956年3月、 1-5頁、 NAID 40002910982
  • 「山極圭司著「木下尚江」」『文学』第24巻第4号、岩波書店、1956年4月、 NAID 40003383055
  • 「蘆花文学の思い出」『文庫』第56号、岩波書店、1956年4月、 NAID 40003431034
  • 「言語表現と明治の翻訳文学」『言語生活』第67号、筑摩書房、1957年4月、 25-31頁、 NAID 40001066232
  • 「「栗本鋤雲」について」『世界』第142号、岩波書店、1957年10月、 293-297頁、 NAID 40002094409
  • 「虚白堂漫筆 ―上―」『日本古書通信』第23巻第10号、日本古書通信社、1958年10月、 NAID 40002911068
  • 「虚白堂漫筆 ―中―」『日本古書通信』第23巻第11号、日本古書通信社、1958年10月、 NAID 40002911072
  • 「虚白堂漫筆 ―下―」『日本古書通信』第23巻第12号、日本古書通信社、1958年10月、 NAID 40002911077
  • 「中村光夫著「二葉亭四迷伝」」『文学』第27巻第2号、岩波書店、1959年2月、 NAID 40003383499
  • 「紙魚をはらう-1-」『日本古書通信』第24巻第5号、日本古書通信社、1959年4月、 NAID 40002911101
  • 「紙魚をはらう-2-」『日本古書通信』第24巻第6号、日本古書通信社、1959年4月、 NAID 40002911105
  • 「二葉亭四迷「余の思想史」解説」『文学』第27巻第7号、岩波書店、1959年7月、 NAID 40003383582
  • 「私の近代文学研究事始」『群像』第14巻第8号、講談社、1959年8月、 169-172頁、 NAID 40000817962
  • 「紙魚をはらう ―完―」『日本古書通信』第24巻第11号、日本古書通信社、1959年10月、 NAID 40002911125
  • 「古い記憶から――社会主義小説「小人世界」 ―1―」『文学』第27巻第12号、岩波書店、1959年12月、 NAID 40003383601
  • 「古い記憶から ―2―」『文学』第28巻第1号、岩波書店、1960年1月、 NAID 40003383644
  • 「古い記憶から ―3―」『文学』第28巻第2号、岩波書店、1960年2月、 NAID 40003383672
  • 「古い記憶から ―4―」『文学』第28巻第3号、岩波書店、1960年3月、 NAID 40003383651
  • 「社会小説家・金子春夢」『文学』第28巻第5号、岩波書店、1960年5月、 555-559頁、 NAID 40003383690
  • 「平田久の社会思想と森田思軒の「社会の罪」――古い記憶から ―6―」『文学』第28巻第7号、岩波書店、1960年7月、 771-778頁、 NAID 40003383713
  • 「原抱一庵の「闇中政治家」――古い記憶から ―7―」『文学』第28巻第10号、岩波書店、1960年10月、 NAID 40003383761
  • 「詩人時代の柳田国男先生」『文学』第29巻第1号、岩波書店、1961年1月、 74-91頁、 NAID 40003383817
  • 「日本文学におけるホセ・リサール」『文学』第29巻第7号、岩波書店、1961年7月、 853-863頁、 NAID 40003383903
  • 「よき時代の古書漁り――柳田泉氏に聞く」『日本古書通信』第26巻第10号、日本古書通信社、1961年10月、 NAID 40002911221
  • 「あゝ少雨荘老兄」『学苑』第266号、昭和女子大学近代文化研究所、1962年2月、 NAID 40000440555
  • 「読者的立場の確立――明治文学における試論」『文学』第30巻第11号、岩波書店、1962年11月、 NAID 40003384096
  • 「魏叔子と二葉亭四迷」『国文学 解釈と鑑賞』第28巻第6号、至文堂、1963年5月、 NAID 40001329377
  • 「政治小説の文体と発想」『国文学 解釈と鑑賞』第28巻第11号、ぎょうせい、1963年9月、 NAID 40001329439
  • 「明治日本のユートピア思想」『世界』第217号、岩波書店、1964年1月、 240-248頁、 NAID 40002096854
  • 「大正時代の記憶」『文学』第32巻第11号、岩波書店、1964年11月、 NAID 40003384383
  • 「大正時代の思い出」『国文学 解釈と教材の研究』第10巻第3号、学燈社、1965年2月、 NAID 40001345881
  • 「初期の西洋小説 ―上―」『日本古書通信』第30巻第3号、日本古書通信社、1965年3月、 NAID 40002911373
  • 「初期の西洋小説 ―中―」『日本古書通信』第30巻第4号、日本古書通信社、1965年4月、 NAID 40002911381
  • 「初期の西洋小説 ―下―」『日本古書通信』第30巻第5号、日本古書通信社、1965年6月、 NAID 40002911388
  • 「古賀茶渓著「度日閑言」(最終講義)」『早稲田大学史記要』第1巻第1号、早稲田大学大学史資料センター、1965年6月、 213-221頁、 NAID 40003928804
  • 「露伴先生蔵書瞥見記 ―1―」『文学』第34巻第3号、岩波書店、1966年3月、 102-112頁、 NAID 40003387273
  • 「露伴先生蔵書瞥見記 ―2―」『文学』第34巻第4号、岩波書店、1966年4月、 103-112頁、 NAID 40003387284
  • 「楊炎と大隈」『早稲田大学史記要』第1巻第3号、早稲田大学大学史資料センター、1967年1月、 1-32頁、 NAID 40003928806
  • 「勝本清一郎のことども」『文学』第35巻第5号、岩波書店、1967年5月、 97-99頁、 NAID 40003387439
  • 「村井弦斎「日の出島」について(遺稿)」『文学』第37巻第8号、岩波書店、1969年8月、 120-127頁、 NAID 40003387742

博士論文[編集]

  • 「政治小説研究」、早稲田大学、1958年11月18日、 NAID 500000491452

脚注[編集]

  1. ^ 服部敏良『事典有名人の死亡診断 近代編』付録「近代有名人の死因一覧」(吉川弘文館、2010年)29頁