柳田真宏

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
柳田 真宏 (柳田 俊郎)
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 熊本県熊本市
生年月日 (1948-05-21) 1948年5月21日(71歳)
身長
体重
176 cm
80 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 外野手
プロ入り 1966年 第1次ドラフト2位
初出場 1967年6月15日
最終出場 1982年10月9日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

柳田 真宏(やなぎだ まさひろ、本名:柳田 俊郎(やなぎだ としろう)、1948年5月21日 - )は、熊本県出身の元プロ野球選手外野手)、俳優歌手

ニックネームは「マムシ」(ニックネームの由来は、熱狂的な巨人ファンとして知られる毒蝮三太夫に顔が似ていたことから。このことが縁で柳田と毒蝮には親交がある)。

経歴[編集]

九州学院高等学校では、1965年秋季九州大会県予選準々決勝に進むが長島吉邦のいた熊本工に完封負け。翌1966年夏の甲子園県予選でも準々決勝に進出するが、鎮西高に敗退。

同年の1次ドラフト2位で西鉄ライオンズに入団。1年目の1967年から一軍で起用され右翼手として3試合に先発出場。1968年オフに田中久寿男との交換トレードで読売ジャイアンツ(巨人)に移籍。1971年には一軍に定着、主に右翼手として26試合に先発する。その後もV9時代後期の巨人で準レギュラー、代打の切り札としてチームを支えた。1974年には65試合に先発出場、五番打者として31試合、四番打者としても1試合に起用され、規定打席には到達しなかったが打率.335を残す。1976年阪急ブレーブスとの日本シリーズでは4試合に先発、13打数4安打を記録した。1977年登録名柳田 真宏に改名。同年は五番打者に定着。プロ入り11年目にして初の規定打席に到達し、打率.340(3位)、本塁打21本の好成績を残し「巨人史上最強の五番打者」と呼ばれた。オールスターゲームに選出されたが怪我で辞退している。同年の阪急ブレーブスとの日本シリーズでは13打数無安打と活躍の場はなかった。1978年には横浜スタジアムの開場第1号本塁打を放っている。

1977年オープン戦前の練習で打った打球が同僚の末次利光の左目に当たり、末次はその後遺症で視界が狭くなってしまい、同年のシーズン終了後に現役を引退した。柳田は末次に対してその場で謝罪している。また、2018年の週刊現代に掲載された末次との対談でも柳田は改めて釈明した[1]

1979年オフに永本裕章との交換トレードで笠間雄二と共に阪急ブレーブスに移籍するが、1980年オフに再び永本とのトレードで巨人に復帰し、代打の切り札として活躍。登録名を本名の柳田 俊郎に戻した1982年限りで現役引退。

現役時代はヤバネスポーツ製を愛用し、バッティング時の手袋には“ヤバネ”の文字(普通はローマ字表記が多いが同メーカーはカタカナ表記)が柳田の拳に表されていた。

引退翌年の1983年、現役時代に登録名として使用した柳田 真宏の名義で演歌歌手デビュー。1984年に暴露本『パンツを脱いだ巨人軍―巨人軍よマムシはおこってるんだぞ!』(日本文芸社刊)を出版した。現在は歌手活動の傍ら八王子市で「カラオケスナックまむし36」を経営している[1][2]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1967 西鉄 34 41 38 4 7 0 0 1 10 3 0 0 0 0 2 0 1 3 2 .184 .244 .263 .507
1968 27 39 37 2 8 2 1 0 12 1 0 0 0 0 2 0 0 13 0 .216 .256 .324 .581
1969 巨人 5 16 16 2 4 1 1 1 10 2 0 0 0 0 0 0 0 3 0 .250 .250 .625 .875
1970 19 25 25 0 3 1 1 0 6 0 0 0 0 0 0 0 0 7 0 .120 .120 .240 .360
1971 67 135 116 12 33 7 3 4 58 23 3 2 2 0 17 3 0 21 1 .284 .376 .500 .876
1972 67 126 113 12 24 4 1 4 42 12 1 0 1 1 10 0 1 20 4 .212 .280 .372 .652
1973 73 178 150 23 44 5 2 9 80 24 4 0 0 0 27 2 1 33 0 .293 .404 .533 .938
1974 102 287 251 37 84 13 0 15 142 52 6 2 1 3 31 2 1 27 5 .335 .406 .566 .971
1975 90 178 156 16 41 4 1 5 62 18 0 3 0 3 19 0 0 17 2 .263 .337 .397 .735
1976 99 208 191 32 57 8 5 9 102 36 2 4 0 2 15 1 0 19 2 .298 .346 .534 .880
1977 114 441 374 68 127 18 2 21 212 67 17 6 6 3 55 1 3 36 7 .340 .425 .567 .992
1978 115 342 299 54 87 21 6 11 153 47 6 7 3 2 36 3 2 33 6 .291 .369 .512 .880
1979 114 371 336 39 89 14 2 14 149 44 7 7 1 2 32 2 0 50 12 .265 .327 .443 .770
1980 阪急 64 121 104 12 23 10 0 2 39 5 2 1 0 0 17 0 0 13 0 .221 .331 .375 .706
1981 巨人 42 53 46 6 6 1 0 1 10 5 0 0 0 0 7 1 0 10 1 .130 .245 .217 .463
1982 47 53 50 3 12 0 0 2 18 5 0 0 0 0 3 0 0 8 1 .240 .283 .360 .643
通算:16年 1079 2614 2302 322 649 109 25 99 1105 344 48 32 14 16 273 15 9 313 43 .282 .358 .480 .838

表彰[編集]

記録[編集]

初記録
節目の記録
  • 1000試合出場:1981年6月8日、対阪神タイガース11回戦(後楽園球場)、9回裏に二宮至の代打で出場 ※史上222人目

背番号[編集]

  • 77 (1967年)
  • 16 (1968年)
  • 62 (1969年 - 1970年)
  • 36 (1971年 - 1979年)
  • 30 (1980年)
  • 32 (1981年 - 1982年)

登録名[編集]

  • 柳田 俊郎 (やなぎだ としろう、1967年 - 1976年、1982年)
  • 柳田 真宏 (やなぎだ まさひろ、1977年 - 1981年)

関連情報[編集]

歌手活動[編集]

  • 「ラブ・アゲイン」(柳田真宏&沙羅)発売元:フリーボード 発売日:2004年3月24日
  • 「どうかしてるわ」(柳田真宏&田中美妃)博水社「ハイサワー」CMソング

また、1977年には巨人ファンの矢野顕子が「行け柳田」という応援歌をリリースした。アルバムでは「いろはにこんぺいとう」に所収。歌詞には当時の巨人軍のレギュラー打順リストが丸ごと含まれている。

俳優活動[編集]

  • 大江戸捜査網第3シリーズ第506話「妹慕情 怒りのまむし剣法」(テレビ東京・ヴァンフィル:1983年) - 佐伯新十郎 役
  • 難波金融伝 ミナミの帝王4(ケイエスエス:1994年)
  • 難波金融伝 ミナミの帝王5(ケイエスエス:1995年)

その他[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 週刊現代 2018年12月15日号『熱討スタジアム』「巨人・末次利光の悲劇を語ろう」に柳田と末次がその思い出話を語っている。
  2. ^ 勝つための努力をしてきた人だからこそ、言えることってある

関連項目[編集]