柳 (松型駆逐艦)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
柳
艦歴
発注 1942年戦時建造補充(改マル5)追加計画
起工 1944年8月20日
進水 1944年11月25日
就役 1945年1月18日
その後 1945年7月14日大破擱座
除籍 1945年11月20日
解体 1946年10月 - 1947年5月20日
性能諸元
排水量 基準:1,262t
公試:1,530t
全長 100.00m
全幅 9.35m
吃水 3.30m
主缶 ロ号艦本式缶2基
主機 艦本式タービン2基2軸 19,000
速力 27.8kt
航続距離 18ktで3,500海里
燃料 重油370t
乗員 211名/270名[1]
兵装 40口径12.7cm単装高角砲 1基
40口径12.7cm連装高角砲 1基
25mm三連装機銃 4基
25mm単装機銃 12基
九二式61cm4連装魚雷発射管 1基
(予備魚雷なし)
爆雷投射機 2基 爆雷投下軌条 2基
二式爆雷 36個
電探 二号二型(対水上用)
一号三型(対空用)
水測装置 九三式探信儀
九三式水中聴音機

(やなぎ)は、大日本帝国海軍駆逐艦松型(丁型)の14番艦である。日本海軍の艦名としては2代目(初代は二等駆逐艦「桃型」4番艦「」)。

艦歴[編集]

丁型一等駆逐艦第5497号艦として藤永田造船所で建造され、呉鎮守府籍となる。

就役後、訓練部隊の第十一水雷戦隊(高間完少将海軍兵学校41期)に編入。瀬戸内海に回航され、2日遅れて竣工した「」とは、ほとんどの期間で行動を共にした。1945年(昭和20年)3月15日付で「椿」「」「」「」「橘」とともに第五十三駆逐隊を編成する[2]。戦艦「大和」の沖縄水上特攻作戦(坊ノ岬沖海戦)に参加するため訓練に従事していたが、その任務に加わる事はなかった[3]。4月7日以降は第三十一戦隊(鶴岡信道少将・海兵43期)の指揮下に入り[4]回天目標艦として大津島方面で行動した[5]。5月7日、「橘」とともに大湊警備府部隊に編入され[6]、5月13日にを出港して大湊へ回航された[7]。5月14日、周防灘姫島沖で米軍艦載機8機と交戦し、戦死1名負傷8名の被害を出す[8]関門海峡掃海を待って日本海に移動し[9]、5月21日に大湊に到着した[10]津軽海峡で対潜警戒に従事する傍ら、6月11日に「橘」とともに大湊を出港して、5月11日に占守島で爆撃を受け損傷した海防艦八丈」の護衛を兼ねて舞鶴に向かう[11]。その後も津軽海峡の警戒に従事し、函館湾を根拠とした。

7月14日、折から日本本土への最終攻撃作戦を行っていた第38任務部隊ジョン・S・マケイン・シニア中将)は、朝から艦載機を飛ばして北海道および東北地方の市街や港湾施設、飛行場、艦船を片っ端から攻撃していった。「柳」からは、「第三青函丸」が沈没する光景が見えたという[8]。また僚艦「橘」も沈没した。その後、偵察機に発見された「柳」は渡島福島沖で空母「エセックス」艦載機の空襲を受ける[8]。魚雷の回避には成功したものの、ロケット弾攻撃が命中。11時52分頃、艦尾切断、舵機室・推進機能喪失の被害を受けた[12]。戦死者21名、負傷者59名を出し、戦死者・戦傷者は福島町住民によって収容された[8]。「柳」の曳航には福島町の漁船が参加している[13]。大湊に曳航された「柳」だが、8月9日にも大湊湾で第38任務部隊の艦載機による再度の空襲を受ける(大湊空襲)。敷設艦常磐」とともに攻撃を受けて大破し、浸水が激しく葦崎東方海岸に擱座して沈没を免れた。「柳」は2機を撃墜したが、重傷者2名を出したとされる[14]。「常磐」も懸命の排水作業を続けたものの、8月15日の終戦を迎えて乗員が艦を去っていく事により排水作業が出来なくなることから、8月15日中に艦の保全のために同じく葦崎東方海岸に擱座し、曳船の助けを得て投錨して艦を固定した[15]

戦後「柳」の船体が北九州の軍艦防波堤に使用されたとする文献も多いが[16]、防波堤に使われたのは初代「柳」であり、本艦「柳」は1946年(昭和21年)10月から翌年5月までに解体された。

歴代艦長[編集]

※『艦長たちの軍艦史』367頁による。

艤装員長[編集]

  • 大熊安之助 少佐:1944年12月1日 -

駆逐艦長[編集]

  • 大熊安之助 少佐:1945年1月18日 -

脚注[編集]

  1. ^ 『第十一水雷戦隊戦時日誌』C08030127800, pp.34
  2. ^ 『第十一水雷戦隊戦時日誌』C08030127900, pp.60
  3. ^ #最後の海空戦111頁
  4. ^ 『第三十一戦隊戦時日誌』C08030074900, pp.52
  5. ^ 『第三十一戦隊戦時日誌』C08030074900, pp.73,74
  6. ^ 『第十一水雷戦隊戦時日誌』C08030128000, pp.41,42
  7. ^ 『第十一水雷戦隊戦時日誌』C08030128000, pp.44
  8. ^ a b c d #最後の海空戦112頁
  9. ^ 『第十一水雷戦隊戦時日誌』C08030128000, pp.45,46
  10. ^ 『第十一水雷戦隊戦時日誌』C08030128000, pp.49
  11. ^ 『第十一水雷戦隊戦時日誌』C08030128100, pp.12 、『海防艦戦記』75、76ページ
  12. ^ 『大湊防備隊戦闘詳報第九号』pp.28
  13. ^ #最後の海空戦11頁
  14. ^ #最後の海空戦113頁
  15. ^ 田村, 169ページ
  16. ^ #最後の海空戦116頁

参考文献[編集]

  • 第十一水雷戦隊司令部『自昭和二十年一月一日至昭和二十年一月三十一日 第十一水雷戦隊戦時日誌』(昭和19年6月1日~昭和20年6月30日 第11水雷戦隊戦時日誌(5)) アジア歴史資料センター レファレンスコード:C08030127800
  • 第十一水雷戦隊司令部『自昭和二十年三月一日至昭和二十年三月三十一日 第十一水雷戦隊戦時日誌』(昭和19年6月1日~昭和20年6月30日 第11水雷戦隊戦時日誌(6)) アジア歴史資料センター レファレンスコード:C08030127900
  • 第三十一戦隊司令部『自昭和二十年四月一日至昭和二十年四月三十日 第三十一戦隊戦時日誌』(昭和19年12月22日~昭和20年4月30日 第31戦隊戦時日誌(2)) アジア歴史資料センター レファレンスコード:C08030074900
  • 第十一水雷戦隊司令部『自昭和二十年五月一日至昭和二十年五月三十一日 第十一水雷戦隊戦時日誌』(昭和19年6月1日~昭和20年6月30日 第11水雷戦隊戦時日誌(7)) アジア歴史資料センター レファレンスコード:C08030128000
  • 第十一水雷戦隊司令部『自昭和二十年六月一日至昭和二十年六月三十日 第十一水雷戦隊戦時日誌』(昭和19年6月1日~昭和20年6月30日 第11水雷戦隊戦時日誌(8)) アジア歴史資料センター レファレンスコード:C08030128100
  • 大湊防備隊『昭和二十年七月三十日 大湊防備隊戦闘詳報第九号 (七月十四、五日敵機動部隊来襲ニ依ル対空戦闘)』(昭和19年12月1日~昭和20年7月30日 大湊防備隊戦時日誌戦闘詳報(9)) アジア歴史資料センター レファレンスコード:C08030453700
  • 木俣滋郎『日本水雷戦史』図書出版社、1986年
  • 石井勉(編著)『アメリカ海軍機動部隊 英和対訳対日戦闘報告/1945』成山堂書店、1988年、ISBN 4-425-30121-8
  • 雑誌「丸」編集部『ハンディ版 日本海軍艦艇写真集18 駆逐艦 秋月型・松型・橘型・睦月型・神風型・峯風型』光人社、1997年。
  • 片岡紀明 『最後の海空戦 若き最前線指揮官たちの日米戦争』 光人社、2003年12月。ISBN 4-7698-1164-0。
    • 武勲艦、東シナ海に沈む――戦艦「金剛」艦長付・長山兼敏(長山は「金剛」沈没後、柳航海長として1945年3月着任。終戦まで「柳」勤務)
  • 外山操『艦長たちの軍艦史』光人社、2005年。 ISBN 4-7698-1246-9
  • 海軍歴史保存会編『日本海軍史』第7巻、発売:第一法規出版、1995年。
  • 田村俊夫「敷設艦「常磐」の兵装について」『歴史群像太平洋戦史シリーズ51 帝国海軍 真実の艦艇史2』学習研究社、2005年、ISBN 4-05-604083-4