柴田勝治 (建築技術者)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

柴田 勝治(しばた かつよし、1859年 - 没年不明)は、明治時代の日本建築技術者。建築設計者。

略歴[編集]

明治宮殿造営組織における図工の採用状況と堂宮大工の参加経緯(小沢朝江「相模国大山大工・手中家の日記から」(日本近代:作家論(3),建築歴史・意匠,2012年度大会(東海)学術講演会・建築デザイン発表会)『学術講演梗概集 2012(建築歴史・意匠)』日本建築学会、2012年9月、pp.143-144,)によると当初は製図工であったが,のちに臨時建築局雇・内務技手。1887年(明治20年)に臨時建築局雇となる。その後、同局技手見習。

その後、内務省技手見習として海軍省庁舎海軍大臣官舎、仮議院の工事に参加[1]。 のち宮内省内匠寮技手となり、1885年(明治18年)、皇居御造営事務局雇となる。 1892年(明治25年)宮内省内匠寮技手となり、監査課勤務となった。 また1895年(明治28年)竣工の京都帝室博物館の工事を担当した。[2]

脚注[編集]

  1. ^ 中島久男「明治期における海軍省営繕組織の沿革について : 明治期における海軍省営繕組織の史的研究 その1」『日本建築学会計画系論文集 63(514)』日本建築学会、1998年、pp.225-232
  2. ^ 京都国立博物館百年史 京都国立博物館 1997年

出典[編集]

  • 伊東忠太「國家と建築術との關係を論ず」『建築雑誌』No.9(108)、pp.321-326、1895年12月
  • 「卷末附圖京都博物館建築」『建築雑誌』No.9(108)、p.326、1895年12月
  • 所蔵文書「土地建物録」件名目録 (PDF)
  • 前久夫「旧帝国京都博物館建築工事図面について : 建築歴史・意匠」『学術講演梗概集. 計画系 53(建築歴史・建築意匠)』日本建築学会、pp.2135-2136、1978年9月
  • 前久夫「旧帝国京都博物館建築工事図面について :帝国京都博物館の研究(資料篇)(建築史)」『日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系 (18)』日本建築学会、1978年5月、pp.437-440
  • 官報. 1900年07月07日 (PDF)