柴田博之 (陸上選手)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
柴田 博之 Portal:陸上競技
選手情報
国籍 日本の旗 日本
競技 跳躍競技
種目 走幅跳
所属 洛南高等学校教員
大学 天理大学
生年月日 (1963-04-26) 1963年4月26日(57歳)
出身地 京都府城陽市
身長 170cm
引退 1992年
成績
オリンピック 走幅跳:予選落ち (1988年)
国内大会決勝 日本選手権
走幅跳:優勝 (1988年・1989年)
自己ベスト
走幅跳 8m06 (1988年)
編集 テンプレートのヘルプを表示する

柴田 博之(しばた ひろゆき、1963年4月26日[1] - )は、日本の元陸上競技選手、指導者。専門は走幅跳。現在は洛南高等学校の教員で、同校陸上部監督。

京都府城陽市出身[2]。妻は元400m走日本記録保持者の柴田こずゑ[3]

経歴[編集]

城陽市立城陽中学校[1]時代に陸上競技に出会い[4]走高跳の選手として活躍。洛南高等学校進学後は走幅跳に転向し、インターハイ2位の実績を残す。

天理大学に進学し、4年生時に全日本インカレで優勝。卒業後は母校・洛南高等学校の教員になりながら、現役を続行。1988年日本選手権で初優勝し、同年のソウルオリンピック男子走幅跳日本代表に選出された。

1992年に選手を引退し、以降、洛南高等学校陸上部での指導に専念している[1][2]。柴田が監督を務める陸上部は、2012年から幾度もインターハイ総合優勝を飾っており、同校は陸上の名門校として知られている[5]。柴田自身はスプリントの選手育成で名を馳せており[6]、教え子に、日本人初の100m走9秒台を記録した桐生祥秀らがいる[7]

出演[編集]

映像商品[編集]

  • 洛南高校 柴田監督「走幅跳指導のコンセプト」~全習法からひも解く、指導の切り口と分習法~(2014年6月、ジャパンライム)
  • ラクナンメソッド~力の伝達、そしてトップスピードへ~(2016年、ティアンドエイチ)

著書[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c 身になる練習法 陸上競技 走投跳に必要なトップスピードを高める練習 柴田博之/著”. ベースボール・マガジン社WEB. 2020年3月6日閲覧。
  2. ^ a b 柴田博之|プロフィール”. HMV&BOOKS online. 2020年3月6日閲覧。
  3. ^ 寺田辰朗 (2004年5月). “続・寺田的陸上日記”. 2020年3月6日閲覧。
  4. ^ 「夢を追って」柴田先生講演会”. 京都府教育委員会 (2009年3月15日). 2020年3月6日閲覧。
  5. ^ “名門洛南で体罰 顧問を懲戒処分”. 日刊スポーツ. (2013年2月15日). https://www.nikkansports.com/sports/athletics/news/f-sp-tp0-20130215-1085469.html 2020年3月6日閲覧。 
  6. ^ 洛南高校 柴田監督「走幅跳指導のコンセプト」~全習法からひも解く、指導の切り口と分習法~(全1枚)”. ジャパンライム. 2020年3月6日閲覧。
  7. ^ “桐生の恩師・洛南高柴田監督「命がけでいけ」/手記”. 日刊スポーツ. (2017年9月10日). https://www.nikkansports.com/sports/athletics/news/1885646.html 2020年3月6日閲覧。