柴田杏花

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
きょうか
杏花
生年月日 (1999-08-30) 1999年8月30日(21歳)
出身地 日本の旗 日本 東京都
血液型 A型
職業 女優
ジャンル テレビドラマ映画
活動期間 2007年 -
事務所 スターダストプロモーション
公式サイト 杏花のプロフィール
主な作品
テレビドラマ
ハガネの女
表参道高校合唱部!
さくらの親子丼2
I"s
映画
瀬戸内海賊物語
くちびるに歌を
テンプレートを表示

杏花(きょうか、1999年8月30日 - )は、日本女優

東京都出身。スターダストプロモーション制作3部所属。

来歴[編集]

2007年、『名探偵コナンドラマスペシャル 「工藤新一の復活! 黒の組織との対決」』でデビュー[1]

2009年、雑誌『りぼん』のりぼんガール準グランプリを受賞[1]

2014年、『瀬戸内海賊物語』で1,027名のオーディションを勝ち抜き、映画初主演を飾る[2]

出演[編集]

テレビドラマ[編集]

映画[編集]

舞台[編集]

バラエティ[編集]

CM[編集]

MV[編集]

WEBムービー[編集]

  • ロッテ「Choco-motion TV」(2013年4月 - 2014年4月)

DVD[編集]

  • 聲の形(2015年6月) - 主演・西宮硝子 役[18]

書籍[編集]

雑誌[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ なお、声は柴田本人ではなく、アニメ版で哀を演じている林原めぐみが吹き替えて放送した。
  2. ^ 映像ソフトの字幕に出ている役名。
  3. ^ 18年前の新聞記事や番組内のアナウンスは6才だが、再現VTRのテロップは8才になっている。
  4. ^ ミュージカル
  5. ^ ミュージカル
  6. ^ 劇団四季ミュージカル
  7. ^ VP(ビデオ・パッケージ)
  8. ^ カタログ
  9. ^ 配信限定。

出典[編集]

  1. ^ a b c 柴田杏花|INTERVIEW|プラス アクト”. 2018年2月25日閲覧。
  2. ^ 「子どもの夢の叶え方」第8回 大森研一監督×柴田杏花さんインタビュー”. 2018年2月25日閲覧。
  3. ^ “井頭愛海・岡本夏美らフレッシュキャスト集結 オーディションで決定<さくらの親子丼2>”. モデルプレス (株式会社ネットネイティブ). (2018年11月16日). https://mdpr.jp/news/detail/1805028 2018年11月19日閲覧。 
  4. ^ 井頭愛海が“貞子”に? 『さくらの親子丼2』フレッシュな若手キャスト8人決定”. ORICON NEWS. オリコン (2018年11月16日). 2018年11月17日閲覧。
  5. ^ 相関図 さくらの親子丼2 東海テレビ”. さくらの親子丼2. 東海テレビ. 2019年1月20日閲覧。
  6. ^ トピックス さくらの親子丼2 東海テレビ SPECIAL 「ハチドリの家」のメンバー、若手キャストを紹介”. さくらの親子丼2. 東海テレビ. 2019年1月20日閲覧。
  7. ^ ストーリー さくらの親子丼2 東海テレビ 最後の1杯 1月26日放送”. さくらの親子丼2. 東海テレビ. 2019年1月20日閲覧。
  8. ^ “連続ドラマ I"s 放送スケジュール解禁! 注目のヒロインキャスト(伊織・いつき・泉・藍子)は来週から解禁!” (プレスリリース), スカパーJSAT株式会社, (2018年11月1日), オリジナルの2018年11月20日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20181120095447/https://www.sptvjsat.com/load_pdf.php?pTb=t_news_&pRi=1320&pJe=1 2018年11月19日閲覧。 
  9. ^ “実写ドラマ『I”s』秋葉いつき役に柴田杏花 天真爛漫な少女で伊織に匹敵の人気キャラ”. ORICON NEWS (オリコン株式会社). (2018年11月13日). https://www.oricon.co.jp/news/2123352/full/ 2018年11月19日閲覧。 
  10. ^ “玉城ティナ主演ドラマに岡本夏美、小越勇輝、平岡祐太ら、佐藤二朗は製作から参加”. 映画ナタリー (株式会社ナターシャ). (2020年1月21日). https://natalie.mu/eiga/news/363980 2020年1月30日閲覧。 
  11. ^ 映画『迷宮カフェ』〜娘を白血病で失った女性が企画し骨髄移植の大切さを描く”. 2018年2月25日閲覧。
  12. ^ ひかりと嘘のはなし”. 2018年2月25日閲覧。
  13. ^ 光と禿(2016)”. 2018年2月25日閲覧。
  14. ^ 内田慈ら「ピンカートンに会いにいく」試写会でライブ、「紅白出場狙ってます」”. 2018年2月25日閲覧。
  15. ^ “EXILE TAKAHIRO、記憶を失った漁師役で映画単独初主演 『僕に、会いたかった』5月公開決定”. Real Sound (株式会社blueprint). (2019年1月30日). https://realsound.jp/movie/2019/01/post-311964.html 2019年2月11日閲覧。 
  16. ^ “佐藤大樹と橋本環奈のW主演作「小説の神様」、佐藤流司や片岡愛之助が出演”. 映画ナタリー (株式会社ナターシャ). (2020年1月17日). https://natalie.mu/eiga/news/363444 2020年1月17日閲覧。 
  17. ^ “野音まで突っ走るぞーー!!!さくらしめじ「スタートダッシュ」MV公開”. 音楽ナタリー (株式会社ナターシャ). (2018年3月21日). https://natalie.mu/music/news/274498 2018年3月23日閲覧。 
  18. ^ 道徳教材ドラマ 聲の形(こえのかたち) (PDF)”. 東映株式会社 (2015年6月17日). 2018年2月25日閲覧。
  19. ^ NEXTGIRL図鑑 2019”. 玄光社. 2018年12月7日閲覧。