柴田桂太

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

柴田 桂太(しばた けいた、1877年9月20日 - 1949年11月19日)は、日本植物生理学者生化学者・微生物化学者。薬学者柴田承桂の長男。弟に化学者柴田雄次がいる。文化功労者薬学者柴田承二の父。

経歴[編集]

東京府出身。1899年東京帝国大学理科大学植物学科を卒業後、第一高等学校東北帝国大学などで教鞭をとった後、1910年に母校講師となり、直後にドイツに留学してヴィルヘルム・ペッファーに師事した。1912年に帰国して助教授となると、日本で最初の植物生理学生化学の講座を開いた。1918年、植物界におけるフラボン体の研究で学士院恩賜賞を受賞、同年教授に昇進する。以後も植物の受精・胚発生のメカニズムの研究などに取り組み、田宮博と共同で行ったチトクロームに関する研究は世界水準に達するなど、日本の植物生理学・生化学の水準を一気に高めた。

1938年に東京帝国大学を定年退官後、岩田植物生理学研究所や徳川生物学研究所などで研究を続け、1941年資源科学研究所所長に就任した。

参考文献[編集]

  • 鈴木善次「柴田桂太」『科学史技術史事典』弘文堂、1983年 ISBN 978-4-335-75003-8