柴田駒三郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
柴田駒三郎

柴田 駒三郎(しばた こまさぶろう、明治3年11月18日[1]1871年1月8日) - 1945年昭和20年)4月11日[2])は、日本の内務官僚文部官僚。錦鶏間祗候

経歴[編集]

奈良県出身。1896年(明治29年)、東京帝国大学法科大学英法科を卒業し、内務属となった[1]。同年、高等文官試験に合格し、群馬県参事官枢密院書記官行政裁判所評定官、土木局書記官・内務省参事官、文部省宗教局長を歴任した[1]。その後、維新史料編纂事務局長、維新史料編纂会委員を務め、1942年(昭和17年)に退官した[3]

1932年(昭和7年)9月27日、錦鶏間祗候を仰せ付けられた[4]

栄典・授章・授賞[編集]

親族[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c 大衆人事録 1930.
  2. ^ 『朝日新聞』(東京本社発行)1945年4月12日朝刊、2頁。
  3. ^ 人事興信録 1943.
  4. ^ 『官報』第1725号、昭和7年9月28日。
  5. ^ 『官報』第205号・付録「辞令」1913年4月9日。

参考文献[編集]

  • 帝国秘密探偵社編 『大衆人事録 第3版』 帝国秘密探偵社、1930年
  • 人事興信所編 『人事興信録 第14版(上)』 人事興信所、1943年