柴貴正

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

柴貴正(しば たかまさ)は、日本のゲームクリエイタースクウェア・エニックス第7ビジネス・ディビジョン(第弐プロデューサー統括部)ディビジョン・エグゼクティブ兼プロデューサー[1]

略歴[編集]

同志社香里中学・高校卒業。同志社大学卒業。安藤武博とは中学校から大学に至るまでの同級生である。 1999年エニックスへ入社。就職浪人した上での入社だったという。入社後はアシスタントを経てオリジナルのうまい棒オンラインゲームなど“変わりもの”のプロデュースを担当する。

2003年に代表作である『ドラッグオンドラグーン』のプロデュースを担当。本人の思い入れも深く、「中学時代の妄想をプロの手で仕上げたもの」と後に語っている。

その後、再びオンライン事業部へ。スクウェア・エニックスが中国での運営を担当している『ベルアイル』を手がけた(日本での運営は他の企業が行っている為、無関係だと思われる)。

2006年、新たに『ドラゴンクエスト 少年ヤンガスと不思議のダンジョン』のプロデュースを担当。独特の映像表現、特にシリーズ初のムービー表現を試みている。

2007年、移植作『ファイナルファンタジータクティクス獅子戦争』プロデュースを担当。独特の映像表現、原作を弄らず、あくまでも追加するだけに留めている。追加要素はムービーとネットワーク対戦。ヤンガスで挑戦した手法を踏襲しつつ、今回はイラストレータ吉田明彦の原画を違和感なく動かすムービーを入れ込んでいる。

2008年、スクウェア・エニックス初のアーケード向け完全オリジナルタイトルとなる、『LORD of VERMILION』のプロデュースを担当。トレーディングカードアーケードゲームとして、「使い魔」カードに同社の他作品のキャラクターを登場させたり、内外の著名なイラストレーターを起用。翌2009年からは、続編となる『LORD of VERMILION II』が稼働(引き続きプロデュースを担当)した。

2013年8月22日より稼働開始した、シリーズ続編『LORD of VERMILION III』からは、プロデュースを丹沢悠一に委ね、自身はシリーズプロデューサーとして全体の統括に当たっている。

作品[編集]

コンシューマ[編集]

アーケード[編集]

オンライン作品[編集]

スマートフォン[編集]

  • ドラゴンクエストモンスターズ スーパーライト:プロデュース[7]

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]