柿原翔樹

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
柿原 翔樹
Kakihara shoki 20130326.JPG
オリックス・バファローズ時代
(2013年3月26日、神戸サブにて)
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 福岡県那珂川市
生年月日 (1993-04-23) 1993年4月23日(26歳)
身長
体重
176 cm
76 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 三塁手外野手
プロ入り 2011年 育成選手ドラフト2位
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

柿原 翔樹(かきはら しょうき、1993年4月23日 - )は、福岡県那珂川市出身の元プロ野球選手内野手)。

経歴[編集]

福岡県那珂川市出身[1]。第1回NPB12球団ジュニアトーナメントではソフトバンクJr.の一員としてプレー。

鎮西高では、1年時から4番に座る[2]。2年時の夏は、熊本県予選で2試合連続ホームランを放つ。3年時からはチーム事情もありエースも務め[3]、夏の熊本県予選に挑むもベスト8で秀岳館高に2-5で敗れた。甲子園出場経験はなし。

2011年、10月27日に行われたプロ野球ドラフト会議オリックス・バファローズから育成2位指名を受けた。

2013年10月1日に球団から戦力外通告を受ける[4]10月31日、自由契約公示された[5]

2014年は、北米独立リーグユナイテッドリーグ・ベースボールフォートワース・キャッツでプレー[6]。この年の同球団には、千葉ロッテマリーンズに在籍経験のあるフリオ・フランコが選手兼任コーチとして在籍していた。

2015年2月4日に元同僚の深江真登と共にアトランティック・リーグランカスター・バーンストーマーズと契約を結んだ[7]が開幕から2試合に出場したのみで解雇され、この年を持って現役を引退した。

人物[編集]

高校1年時に旅行先の温泉でバック転を試みた際に誤って転倒し、右後頭部を18針縫う大怪我を負った。 イカ釣りが趣味[8]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

  • 一軍公式戦出場無し

背番号[編集]

  • 119 (2012年 - 2013年)

脚注[編集]

  1. ^ 12球団全選手カラー百科名鑑2012、廣済堂ベストムック
  2. ^ 秀岳館、連打で効率的に加点 熊本、4強出そろう”. 朝日新聞デジタル (2011年7月23日). 2012年3月29日閲覧。
  3. ^ 秀岳館vs鎮西 2011年夏の大会 第93回熊本大会 準々決勝”. 高校野球ドットコム (2011年7月22日). 2012年3月29日閲覧。
  4. ^ “戦力外通告のお知らせ”. オリックス・バファローズ. (2013年10月1日). http://www.buffaloes.co.jp/news/detail/3362.html 2013年10月3日閲覧。 
  5. ^ 2013年度 自由契約選手(育成選手) 日本野球機構オフィシャルサイト 2013年11月3日閲覧。
  6. ^ [1] 2014年6月9日閲覧。
  7. ^ BARNSTORMERS ADD JAPANESE DUO The official site of Lancaster Barnstormers 英語 (2015年2月4日) 2015年3月21日閲覧
  8. ^ 岡田監督ご機嫌、李獲得翌日に新人入団会見”. デイリースポーツオンライン (2011年12月8日). 2012年3月29日閲覧。

関連項目[編集]