柿本広大

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

柿本広大(かきもと こうだい、1981年-[1])は日本アニメーション演出家、アニメーション監督Production I.G出身。

経歴[編集]

大学卒業後、制作進行としてProduction I.Gに入社。以後フリー。3DCGを用いたアニメーション作品に多く関わる。

I.G入社後、同社で制作していた「精霊の守り人」を知る。高校2年の夏に「風の谷のナウシカ」に魅了されたことがアニメ業界に入った動機だったこともあり、本格ファンタジーに参加する機会はもうないかもしれないと、自分なりにエンディングの絵コンテを描いて神山健治監督のもとに持ち込んだのが以後神山作品に参加するきっかけとなった。ただし当時は技術的にはまだ何ももっておらず、のちに演出の師匠となる吉原正行(「有頂天家族」監督。「精霊の守り人」では助監督だった)の下についてタイムシートの描き方からアニメーターへの指示の出し方までゼロから叩き込まれる。その後も「東のエデン」劇場版の現場などを通じ、神山と吉原の下でアニメーション制作の流れや絵コンテ、演出について学んでいった[2]

人物[編集]

神山は柿本について「この業界に来るヤツにしては珍しく、ムダにおおらかな男」「辛抱強さがある」「こいつは逃げ出さないだろう、という信頼感はあった」[2]等と語っている。

スタッフインタビューや作品解説では、作中の場面を制作するにあたって主に尽力したスタッフやその仕事の詳細を紹介し、それが作劇にどんな効果をもたらしたのかという解説が多いのが特徴的[3][4]。「自分は作品のいちばん近くにいて、作品が完成に向けて進んでいく中で、いちばんよい働きかけをできる位置にいることが大事」[5]との言葉の通り、各セクションと綿密な連携をとりつつ、限られたリソースの中で丁寧に作品のクオリティを上げる指針となっている様子が伺える。「働き者の監督」[6]等、現場スタッフの信頼も厚い。

刀使ノ巫女」シリーズ構成の高橋龍也は「筋の通った論理的な演出を好まれる一方で、人一倍魂に訴えかける熱いものをお持ちの方」[7]と評している。

参加作品[編集]

テレビアニメ[編集]

映画[編集]

OVA[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 月刊ニュータイプ 2016年11月号より
  2. ^ a b 「CYBORG009 CALL OF JUSTICE」THE COMPLETE』(2016年 株式会社KADOKAWA発行)所収 総監督の神山健治との対談より
  3. ^ 『劇場版 蒼き鋼のアルペジオ -アルス・ノヴァ- オフィシャルアーカイブ』(2015年 株式会社一迅社発行)所収 岸監督との対談より
  4. ^ 「刀使ノ巫女」BDブックレット所収 各話監督コメントより
  5. ^ 「CYBORG009 CALL OF JUSTICE」THE COMPLETE』(2016年 株式会社KADOKAWA発行)所収 監督インタビューより
  6. ^ 「刀使ノ巫女」BD第5集ブックレット所収 スタッフ座談会より。引用の発言はアクション監督の神谷智大のもの
  7. ^ アニメ「刀使ノ巫女」公式サイト - NEWS -2017.8.11「メインスタッフよりコメントが到着!」”. 2018年12月20日閲覧。