栃木県立佐野東高等学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
栃木県立佐野東高等学校
Sano girls & Sano East High school.jpg
過去の名称 安蘇郡立佐野高等女学校
栃木県立佐野女子高等学校
国公私立の別 公立学校
設置者 栃木県の旗 栃木県
学区 安足
理念
設立年月日 1907年
共学・別学 男女共学
課程 全日制課程
単位制・学年制 学年制
設置学科 普通科
高校コード 09177E
所在地 327-0025
栃木県佐野市金屋下町12

北緯36度18分39.9秒 東経139度34分58.0秒 / 北緯36.311083度 東経139.582778度 / 36.311083; 139.582778座標: 北緯36度18分39.9秒 東経139度34分58.0秒 / 北緯36.311083度 東経139.582778度 / 36.311083; 139.582778
外部リンク 公式サイト
Portal.svg ウィキポータル 教育
Project.svg ウィキプロジェクト 学校
テンプレートを表示
栃木県立佐野東高等学校の位置(栃木県内)
栃木県立佐野東高等学校

栃木県立佐野東高等学校(とちぎけんりつさのひがしこうとうがっこう、英称:Tochigi prefectural Sano Higashi senior high school)は栃木県佐野市金屋下町にある高等学校。2011年に男女共学化の為、栃木県立佐野女子高等学校(英称:Tochigi prefectural Sano girls' senior high school)から校名変更した。女子高時代の略称は佐女(さじょ)であった。

同窓会の名称は「八千代会」[1]。八千代会では当初、家政科の募集停止と共学化には反対の声が多く出されたが、「伝統を引き継いだ新しい学校」づくりに向けた働きかけをすることでまとまった[1]

所在地[編集]

栃木県佐野市金屋下町12

教育目標[編集]

佐野女子高等学校

  • 女性の資質・使命を自覚し、遠く近くあるべき未来を見つめつつ、豊かな個人の完成につとめ、社会の進歩に寄与する人になる。

佐野東高等学校

  • 豊かな教養と高い知性を備え、心身ともに健全で優れた品性を身につけ、社会の発展に寄与する人間の育成

葉聖里の木[編集]

佐野東高校のシンボルで校内敷地にある大きなクスの木であり、その姿がパセリに似ていたことからいつの頃からか「葉聖里(パセリ)の木」と呼ばれるようになった。

また、2006年第二体育館正面に、寄贈された「楷(かい)の木」が植えられた。この木は、中国の孔子が関係していることから、学問の木として生徒たちに親しまれている。そのため、大学入試センター試験の前には参拝者もいる。

沿革[編集]

  • 1907年明治40年) - 安蘇郡立佐野高等女学校として開校。
  • 1948年昭和23年) - 栃木県立佐野女子高等学校となる。
  • 2010年平成22年)- 家政科の募集停止。
  • 2011年(平成23年) - 男女共学となり、栃木県立佐野東高等学校となる。「宇都宮大学教育学部が提供する高大連携科学実験講座」がサイエンス・パートナーシップ・プロジェクト(SPP)のプラン初Aに採択される[2]

部活動[編集]

運動部

文化部

著名な出身者[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]