栃木県立石橋高等学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
栃木県立石橋高等学校
栃木県立石橋高等学校通用門
過去の名称 栃木県立石橋中学校
国公私立の別 公立学校
設置者 栃木県の旗 栃木県
校訓 爾の立てるところを深く掘れ
設立年月日 1924年
創立記念日 4月20日
共学・別学 男女共学
課程 全日制課程
単位制・学年制 学年制
設置学科 普通科
学期 3学期制
高校コード 09117A
所在地 329-0511
栃木県下野市石橋845
外部リンク 公式サイト
Portal.svg ウィキポータル 教育
Project.svg ウィキプロジェクト 学校
テンプレートを表示
栃木県立石橋高等学校の位置(栃木県内)
栃木県立石橋高等学校

栃木県立石橋高等学校(とちぎけんりついしばしこうとうがっこう)は、栃木県下野市石橋にある高等学校

設置学科[編集]

概要[編集]

1924年創立。栃木県下野市にある普通科のみの共学校で、略称は「石高(いしこう)」。 学校行事として学習合宿・進学習熟度別授業・放課後の自主学習の支援、球技大会・合唱コンクール・マラソン大会などが行われている。 部活動ではクイズ研究会、吹奏楽部、ハンドボール部、放送部 などに於いて関東大会・全国大会への出場実績がある。 2016年には野球部が関東大会(秋季)に初出場した。

所在地
教育目標
  • 社会の変化に自ら対応できる知・徳・体の調和のとれた心豊かな人間を育成する。
校訓

大正14年制定

  • 正道忠信
  • 質実剛健
  • 公正自治
  • 克己自制     
  • 「爾のたてるところを深く掘れ、然らばそこに清き泉湧かん」

Wo du stehst, grab' tief hinein ! Drunten ist die Quelle !             

基本理念
  • 豊かな教養と高い学力をつける
  • 自己の生き方を深く考え、高い志を育てる
  • 自主的・自律的な態度を育てる

沿革[編集]

  • 1924年大正13年)3月 - 旧制栃木県立石橋中学校として創設、当初授業は石橋尋常小学校(現・下野市立石橋小学校)の校舎で行われた
  • 1925年(大正14年)3月 - 校舎落成、現在地へ移転
  • 1928年昭和3年)2月 - 校歌制定。(作詞・鈴木栄観(当時の国語教諭)、作曲・梁田貞)
  • 1948年(昭和23年)4月 - 学制改革により栃木県立石橋高等学校と改称
  • 1949年(昭和24年)4月 - 男女共学となる
  • 1950年(昭和25年)4月 - 家庭科設置(のちの1963年に家政科に改められた)
  • 1952年(昭和27年)2月 - 新しい校歌(作詞・土岐善麿、作曲・信時潔)、校旗に変更
  • 1991年平成3年)4月 - 家政科を普通科へ統合
  • 1993年(平成5年)3月 - 家政科閉科

著名な出身者[編集]

特記事項[編集]

関連項目[編集]