栄安固倫公主

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

栄安固倫公主(えいあんこりんこうしゅ、1855年6月20日 - 1875年2月5日)は、咸豊帝の娘。母は麗嬪のタタラ(他他拉)氏(のちの荘静皇貴妃)。

生涯[編集]

咸豊5年5月7日(1855年6月20日)に生まれた。咸豊帝の唯一の娘であり、東太后や西太后の寵愛を受け、同治9年(1870年)9月に栄安固倫公主(清の嫡出公主の封爵)に封ぜられた。

同治2年(1873年)8月、世襲一等雄勇公の符珍(本名は瑞煜。結婚の時、聖旨により符珍と改名した)と結婚した。

同治13年(1874年)冬、1人の子供を産んだが、詳しい記録はない。同年12月に天然痘を患い、12月29日(西暦で1875年2月5日)に薨去した。

子女[編集]

  • 1人

参考文献[編集]