栄宝斎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
本来の表記は「荣宝斋」です。この記事に付けられた題名は、技術的な制限により、記事名の制約から不正確なものとなっています。
栄宝斎
琉璃厰

栄宝斎(えいほうさい)は、中華人民共和国北京市西城区琉璃厰に位置する筆、硯、墨、紙の文房四宝と印章、書画骨董などを販売する、中華老字号の老舗。

清朝康熙11年(1672年)に松竹斎として開業し、1894年より現在の名称となる。「北に栄宝斎、 南に朶雲軒(上海の朵云轩)あり」という言葉があり、多くの文人墨客が訪れることで知られる。

名称の由来[編集]

「文を以て友と会し、栄名を宝と為す」という意味である。

アクセス[編集]

関連項目[編集]

参照[編集]

座標: 北緯39度53分39秒 東経116度22分38秒 / 北緯39.89417度 東経116.37727度 / 39.89417; 116.37727