栄進牧場

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

栄進牧場(えいしんぼくじょう)は、北海道浦河郡浦河町上絵笛にある競走馬サラブレッド)の生産牧場である。代表者は平井克彦。

歴史[編集]

馬主として活動していた平井豊光により1978年に開設され、1986年にエイシンリゲインがサファイヤステークスを制し生産馬で初の重賞制覇を果たす。その後2001年に業務見直しが行なわれ、荻伏にある第二分場の廃止、育成業務を久世育成センターへの一本化、繋養頭数の削減等が行なわれる。

活動[編集]

栄進牧場はプライベートオーナーブリーダーで、生産したサラブレッドのほとんどは売却されることなく、平井克彦の持ち馬として競走馬登録される。 牧場の経営費用は競馬における賞金の他、日本国外から購入してきた牝馬を引退後に繁殖牝馬として日本国外で売却する[1]ことで得ている。

本場以外の施設[編集]

主な生産馬[編集]

栄進堂所有馬も生産している。

主な繋養馬[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 一般的繁殖牝馬の流通が整備されている日本国外の方が、繁殖牝馬の価値が高く評価されるため、日本国外で売却している。
  2. ^ 2013年白山大賞典レース結果 - JBIS、2014年12月26日閲覧
  3. ^ 2014年白山大賞典レース結果 - JBIS、2014年12月25日閲覧
  4. ^ 2012年名古屋グランプリレース結果 - JBIS、2014年12月26日閲覧
  5. ^ 2014年名古屋グランプリレース結果 - JBIS、2014年12月25日閲覧

参考文献[編集]

座標: 北緯42度13分19秒 東経142度45分57.6秒