栖了院

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
栖了院
山門
所在地 愛知県田原市福江町上紺屋瀬古7-1
位置 北緯34度37分41.25秒
東経137度6分22.87秒
座標: 北緯34度37分41.25秒 東経137度6分22.87秒
山号 間宮山
宗派 浄土宗
本尊 阿弥陀如来像
創建年 永禄2年(1559年
正式名 間宮山栖了院
地図
栖了院の位置(日本内)
栖了院
栖了院の位置(愛知県内)
栖了院
法人番号 6180305003096
テンプレートを表示

栖了院(せいりょういん)は、愛知県田原市に存在する浄土宗寺院

沿革[編集]

1559年永禄2年)、領主であった間宮直綱を開創として、間宮山金殿寺栖了院と称する[1]享保年間に領主の戸田淡路守が檀徒と共に本堂を再建し、昭和に入ってから修理を行い、位牌堂を改築して現在に至る。

境内には、移築された観音堂のほか、浄土宗開祖である法然上人の没後800年事業として建立された庫裏、納骨霊塔、東日本大震災による慰霊塔が建っている[2]。寺宝として、1736年元文2年)に莫取軒原常良が執筆した『畠村観音記』、並びに円空仏が伝わっている[3]

その他[編集]

間宮家の菩提寺であり、戸田氏良の位牌が祀られている。

ギャラリー[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 富本時次郎ら編『帝国地名大辞典 第3巻』91頁(又間精華堂、1903年)
  2. ^ 東日本大震災の復興願い供養塔建立 田原市の栖了院で東愛知新聞 平成24年1月4日
  3. ^ 大礒義雄『芭蕉と蕉門俳人』370頁(八木書店、1997年)