栗原克志

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
栗原 克志 Football pictogram.svg
名前
カタカナ クリハラ カツシ
ラテン文字 KURIHARA Katsushi
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1977-07-29) 1977年7月29日(42歳)
出身地 千葉県[1]
身長 175cm[2]
体重 70kg[2]
選手情報
ポジション DF
ユース
0000-1995 ジェフユナイテッド市原ユース
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1996-1999 ジェフユナイテッド市原 38 (0)
1. 国内リーグ戦に限る。2013年3月7日現在。
■テンプレート(■ノート ■解説■サッカー選手pj

栗原 克志(くりはら かつし、1977年7月29日 - )は、千葉県出身の元サッカー選手で現在は指導者。Jリーグアルビレックス新潟トップチームヘッドコーチ。

選手時代[編集]

ジェフユナイテッド市原のユースチームを経て1996年にトップチームに昇格[3]。同期入団に式田高義廣山望がいる。同年度第2節の京都パープルサンガ戦でJリーグデビューし、[2]以後2000年1月に現役を引退する[要出典]までの4シーズンで38試合に出場した。

在籍中、1998年度Jリーグナビスコカップ決勝戦でベンチ入りを経験した[4]他、1998年11月開催のJ1参入決定戦第1戦(対戦相手: アビスパ福岡)に先発出場した経験を持つ[5][6]

指導者時代[編集]

引退後は引き続きジェフ市原に残り、1年間U-12チームの監督を務めたが、翌2001年にFC東京普及部に移籍して2年間コーチとして勤務した。2003年からはイギリスに移り、翌2004年まで当時イングランドフットボールリーグ所属のプリマス・アーガイルFCのU-19チームでアシスタントコーチを務めた。在籍中にFAインターナショナルコーチングライセンス (UEFA B) を取得している。

2005年から2007年までの3年間はシンガポールSリーグ所属のアルビレックス新潟シンガポールコーチを務めた。在職中の2006年に、『サッカークリニック』8月号に、シンガポールにおける選手育成について執筆している[7]。2008年1月より日本へ渡り、アルビレックス新潟アシスタントコーチに就任[1][注釈 1]2012年J1最終節では、前節で退席処分となった監督の柳下正明の代行として指揮を執り、4-1で勝利し、チームをJ1残留へと導いた[9]。2015年シーズンを最後にコーチを退任し、2016年より育成普及部コーチに就任した[10]

また、日本サッカー協会ナショナルトレセンコーチに就任。新潟県ユースダイレクターも兼任し、北信越の育成に尽力。

Jリーグ選抜のU-14日本代表の監督を務め、国際大会ゴシアカップにて世界3位の成績をおさめた。

2018年よりアルビレックス新潟のトップチームコーチに復帰した[11]。2019年よりヘッドコーチに就任した[12]

所属クラブ[編集]

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度クラブ背番号リーグ リーグ戦 リーグ杯オープン杯 期間通算
出場得点 出場得点出場得点 出場得点
日本 リーグ戦 リーグ杯天皇杯 期間通算
1996 市原 - J 5 0 1 0 0 0 6 0
1997 18 12 0 1 0 1 0 14 0
1998 10 0 2 0 1 0 13 0
1999 J1 11 0 2 0 0 0 13 0
通算 日本 J1 38 0 6 0 2 0 46 0
総通算 38 0 6 0 2 0 46 0

その他の公式戦

指導歴[編集]

2016年7月 JリーグU-14代表の監督としてスウェーデンで行われる国際大会ゴシアカップにて世界3位の成績をおさめた。

資格[編集]

  • 2000年 日本サッカー協会公認C級指導者ライセンス
  • 2004年 FAインターナショナルライセンス(UEFA Bライセンス)
  • 2011年 日本サッカー協会公認B級指導者ライセンス[14]
  • 2015年 日本サッカー協会公認A級指導者ライセンス

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ Jリーグ公式サイトでは「コーチ」とのみ記されている[8]

出典[編集]

  1. ^ a b アシスタントコーチに 栗原 克志氏 就任のお知らせ アルビレックス新潟公式サイト 2008.1.17付ニュースリリース
  2. ^ a b c J. League Data Site 2017年5月27日閲覧
  3. ^ スクール&セレクション情報 ジェフユナイテッド市原・千葉公式サイト 2013.3.7 05:27 (UTC) 閲覧
  4. ^ 試合レポート 1998 ナビスコカップ 決勝 ジュビロ磐田 vs ジェフユナイテッド市原 ジュビロ磐田公式サイト 2013.3.7 05:23 (UTC) 閲覧
  5. ^ Jリーグ=J1残留決定戦 アビスパ市原に0-2 攻守に焦り、完敗招く 26日は敵地 課題も山積 神戸が先勝 西日本新聞 1998.11.23付記事
  6. ^ 【プレイバック1998 J1参入決定戦2回戦 市原 vs 福岡】第1戦:当時の先発メンバー J's GOAL 2012.10.12付
  7. ^ 中塚義実 テクニカル・ニュース Vol.15 スポーツの社会科学 サッカー文化論 番外編 シンガポールで感じたこと (PDF) JFA公式サイト p.47
  8. ^ 役員・チームスタッフ一覧表 2008Jリーグ ディビジョン1 アルビレックス新潟 (TOP TEAM) Jリーグ公式サイト 2013.3.7 09:26 (UTC) 閲覧 (アーカイヴ)
  9. ^ 柳下監督 J1残留へ大事な最終戦ベンチ入り禁止に スポーツニッポン 2012.11.28付記事
  10. ^ “栗原克志トップチームコーチ退任、育成普及部コーチに就任のお知らせ” (プレスリリース), アルビレックス新潟, (2016年1月5日), http://www.albirex.co.jp/news/top_team/47805 2016年5月9日閲覧。 
  11. ^ “トップチームコーチに栗原 克志氏 就任のお知らせ” (プレスリリース), アルビレックス新潟, (2018年1月5日), http://www.albirex.co.jp/news/top_team/53880 2018年1月5日閲覧。 
  12. ^ “2019アルビレックス新潟 選手・スタッフ 新体制について” (プレスリリース), アルビレックス新潟, (2018年1月10日), http://www.albirex.co.jp/news/top_team/56983 2019年1月10日閲覧。 
  13. ^ “栗原克志育成普及部コーチ 日本サッカー協会ナショナルトレセンコーチ北信越担当に就任のお知らせ” (プレスリリース), アルビレックス新潟, (2016年1月21日), http://www.albirex.co.jp/news/club/47888 2016年5月9日閲覧。 
  14. ^ 2010(平成22)年度 公認B級コーチ養成講習会合格者 (PDF) JFA公式サイト 2011.4.14付