栗原宏武

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

栗原 宏武(くりはら ひろむ、1939年9月20日 - )は、日本裁判官大阪高等裁判所部総括判事や、大阪家庭裁判所所長、大阪府公安委員会委員長等を経て、関西大学名誉教授学校法人関西大学顧問

人物・経歴[編集]

関西大学法学部卒業。関西大学大学院法学研究科修士課程修了。大阪地方裁判所部総括判事等を経て[1]、1998年奈良地方裁判所長。2000年大阪高等裁判所部総括判事。2001年大阪家庭裁判所[2]。2004年関西大学法科大学院教授。2006年大阪府公安委員会委員長。2010年関西大学名誉教授。2012年関西大学評議員会議長。2016年学校法人関西大学顧問[1]

著書[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 教員紹介名誉教授・客員教授・非常勤講師関西大学法科大学院
  2. ^ 「裁判官検索:栗原宏武」 | 法律情報サイト e-hoki


先代:
石井一正
大阪家庭裁判所長
2001年 - 2004年
次代:
中田昭孝