栗原浩司

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
栗原 浩司 Portal:陸上競技
選手情報
フルネーム くりはら こうじ
ラテン文字 Koji Kurihara
国籍 日本の旗 日本
競技 陸上競技 (短距離走)
種目 60m, 100m
大学 筑波大学
生年月日 (1964-05-02) 1964年5月2日(53歳)
出身地 栃木県佐野市 (旧:田沼町)[1]
身長 174cm
体重 68kg
成績
オリンピック 100m 2次予選5組6着 (1988年)
4x100mR 準決勝1組5着 (1988年)
国内大会決勝 日本選手権
100m 2位 (1985年)
4x100mR 優勝 (1983年)
自己ベスト
100m 10秒44 (1988年)
編集 テンプレートのヘルプを表示する

栗原 浩司(くりはら こうじ、1964年5月2日 - )は、栃木県佐野市(旧:田沼町)出身の元陸上競技選手。現陸上競技指導者。1988年ソウルオリンピック日本代表4×100mリレーの元日本記録保持者。現在は栃木県立石橋高等学校陸上競技部の顧問などを務める。

経歴[編集]

佐野市立閑馬小学校時代は100mを14-15秒で走るなど、学校で一番の快足の持ち主だった[1]

栃木県立佐野高等学校時代は国民体育大会少年男子Aで優勝する活躍を見せたが、腰を痛める、腹膜炎、足首を捻挫するなど、大事な試合前に怪我をすることが多かった[1]

筑波大学時代には日本選手権男子4×100mリレーで優勝、男子200mで2位、日本学生選手権で2冠(男子100m・4×100mリレー)達成するなど活躍。神戸ユニバーシアードにも出場した。

栃木県立足利工業高等学校教員時代の1988年にソウルオリンピック日本代表に選ばれ、大会では男子100mと4×100mリレーに出場した。男子100mでは出場した日本人選手の中で唯一1次予選を突破し、2次予選では敗退したもののカール・ルイスと同じく組で走った[2]。男子4×100mリレーでは3走を務め、準決勝で敗退したものの38秒90の日本新記録樹立に貢献した[1]

27歳で現役を引退し、その後は栃木県立佐野女子高等学校(現・栃木県立佐野東高等学校)、栃木県総合教育センターなどに勤めた[1]

2013年に栃木県立石橋高等学校に赴任。同高校陸上部の顧問を務めるとともに、野球部のアドバイザーも務めている[2]

主要大会成績[編集]

  • 備考欄の記録は当時のもの

国際大会[編集]

大会 場所 種目 結果 記録 備考 脚注
1985 第13回ユニバーシアード (en 日本の旗 神戸 100m 2次予選 10秒73 (0.0) [3]
4x100mR 6位 39秒93 (2走)
1988 第24回オリンピック 大韓民国の旗 ソウル 100m 2次予選 10秒49 (+1.4)
4x100mR 準決勝 38秒90 (3走) 日本記録
1989 第2回世界室内選手権 ハンガリーの旗 ブダペスト 60m 準決勝 6秒72
第5回ワールドカップ (en スペインの旗 バルセロナ 4x100mR 8位 39秒32 (1走) アジア代表 (日本代表)

日本選手権[編集]

  • 1988年までは6位以内、1989年以降は8位以内の成績を収めた大会を記載
大会 種目 結果 記録 備考 脚注
1982 第66回日本選手権 4x100mR 4位 41秒76 (2走) [4]
1983 第67回日本選手権 4x100mR 優勝 40秒41 (2走) 大会記録
1985 第69回日本選手権 100m 2位 10秒57 (0.0)
1986 第70回日本選手権 4x100mR 4位 40秒86 (1走)
1988 第72回日本選手権 100m 5位 10秒67 (-1.0)
1989 第73回日本選手権 100m 8位 10秒59 (+1.6)

獲得タイトル[編集]

  • 優勝した主要大会を記載(主要国際大会と日本選手権を除く)
大会 種目 記録 備考 脚注
1982 第37回国民体育大会 100m 10秒82 (-0.9) 少年A [5]
1983 第52回日本学生選手権 100m 10秒77
4x100mR 40秒49 (1走)
1984 第53回日本学生選手権 100m 10秒56
4x100mR 40秒33 (4走)

日本記録[編集]

屋外[編集]

種目 記録 年月日 大会 場所 所属 備考 脚注
4x200mR 1分24秒15 1986年11月3日 浜松中日カーニバル 日本の旗 浜松 日本選抜 3走 [6]
4x100mR 38秒90 1988年10月1日 オリンピック 大韓民国の旗 ソウル 日本代表 3走

日本ランキング[編集]

  • 10位以内に入った記録を記載
種目 ランク 記録 所属 脚注
1983 100m (電動) 9位 10秒65 筑波大学 [7]
100m (手動&電動) 5位 10秒5
1984 100m (電動) 5位 10秒51 筑波大学
200m (手動&電動) 4位 21秒2
1985 100m (電動) 6位 10秒57 筑波大学
100m (手動&電動) 8位 10秒5
1986 100m (電動) 5位 10秒53 筑波大学
100m (手動&電動) 8位 10秒5
1987 100m (電動) 8位 10秒52 足利工業高校教員
100m (手動&電動) 9位 10秒4
1988 100m (電動) 5位 10秒44 足利工業高校教員

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e 日本人唯一1次突破”. 読売新聞 (2014年10月26日). 2018年2月19日閲覧。
  2. ^ a b 石橋、21世紀枠候補に カール・ルイスと走った男が走塁“革命””. スポーツニッポン (2016年12月17日). 2018年2月19日閲覧。
  3. ^ 日本陸上競技連盟七十年史編集委員会「競技会記録 / 国際競技会」、『日本陸上競技連盟七十年史』、ベースボール・マガジン社、1995年9月4日発行、 1061-1123頁。
  4. ^ 日本陸上競技連盟七十年史編集委員会「競技会記録 / 日本選手権大会」、『日本陸上競技連盟七十年史』、ベースボール・マガジン社、1995年9月4日発行、 869-946頁。
  5. ^ 日本陸上競技連盟七十年史編集委員会「競技会記録 / 主要国内競技会」、『日本陸上競技連盟七十年史』、ベースボール・マガジン社、1995年9月4日発行、 947-1060頁。
  6. ^ 日本陸上競技連盟八十年史編集委員会「日本記録の変遷」、『日本陸上競技連盟八十年史』、ベースボール・マガジン社、2005年10月22日発行、 41-60頁。
  7. ^ 日本陸上競技連盟七十年史編集委員会「年度別日本10傑」、『日本陸上競技連盟七十年史』、ベースボール・マガジン社、1995年9月4日発行、 739-868頁。