栗原隆

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

栗原 隆(くりはら たかし、1951年 - )は、日本の哲学研究者、新潟大学教授。

来歴[編集]

新潟県生まれ。1974年新潟大学人文学部哲学科卒。1979年東北大学大学院文学研究科博士課程前期課程修了。1984年神戸大学大学院文化学研究科博士課程修了、「ヘーゲル精神現象学』の成立過程の研究」で学術博士。神戸大学助手、1991年新潟大学教養部助教授、1994年人文学部助教授、96年教授。

著書[編集]

  • 『新潟から考える環境倫理』新潟日報事業社 ブックレット新潟大学 2002
  • 『ヘーゲル 生きてゆく力としての弁証法』日本放送出版協会 シリーズ・哲学のエッセンス 2004
  • ドイツ観念論の歴史意識とヘーゲル』知泉書館 2006
  • 『現代を生きてゆくための倫理学』ナカニシヤ出版 2010
  • 『ドイツ観念論からヘーゲルへ』未來社 2011

共編[編集]

  • 『知の地平 大学におけるマルチリテラシーと応用倫理』編 東北大学出版会 2003
  • 『大学における共通知のありか』濱口哲共編 東北大学出版会 2005
  • 『芸術の始まる時、尽きる時』編 東北大学出版会 2007
  • 『形と空間のなかの私』編 東北大学出版会 2008
  • 『人文学の生まれるところ』編 東北大学出版会 2009
  • 『空間と形に感応する身体』矢萩喜從郎,辻元早苗共編 東北大学出版会 2010
  • 『共感と感応 人間学の新たな地平』編著 東北大学出版会 2011
  • 『世界の感覚と生の気分』編 ナカニシヤ出版 2012
  • 『感情と表象の生まれるところ』編 ナカニシヤ出版 2013

翻訳[編集]

参考[編集]