栗東湖南インターチェンジ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
栗東湖南インターチェンジ
Ritto Konan IC.JPG
所属路線 E1 名神高速道路
IC番号 29-3
本線標識の表記 Japanese National Route Sign 0001.svg栗東湖南 甲賀
起点からの距離 457.0 km(東京IC起点)
菩提寺PA (5.1 km)
(1.2 km) 栗東IC
供用開始日 2016年3月19日
通行台数 x台/日
所在地 520-3017
滋賀県栗東市六地蔵
備考 名神大阪方面と国道1号四日市方面のハーフインターチェンジ。名神名古屋方面は利用不可能。
テンプレートを表示

栗東湖南インターチェンジ(りっとうこなんインターチェンジ)は、滋賀県栗東市にある名神高速道路インターチェンジである。国道1号バイパス栗東水口道路と接続する。計画時の仮称は栗東東ジャンクション(りっとうひがしジャンクション)であった。

概要[編集]

名神高速道路大阪方面 - 栗東水口道路甲賀方面のみが接続するハーフインターチェンジ。当初の工期は5年間を予定しており、2011年3月に開通する予定であったが、後に2013年度に延期された[1]。しかし、接続する栗東水口道路の用地買収で一部の地権者が拒んだため用地が確保できず、2013年度末での開通は不可能となった。そのため国は、土地収用制度を活用して先述した土地を適正な価格で強制買収した。これにより、買収が難航していた用地での工事が2014年3月に開始し、2016年3月19日に開通することになった[2]

当インターチェンジを含む栗東水口道路が整備されることにより、甲賀市 - 栗東市にかけての国道1号の渋滞が大幅に減少されることが期待される。

歴史[編集]

接続する道路[編集]

[編集]

E1 名神高速道路
(29-2) 竜王IC - 菩提寺PA - (29-3) 栗東湖南IC - (30) 栗東IC - (30-1) 草津JCT

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]