栗田氏

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

栗田氏(くりたし、くりたうじ)は、日本氏族の一つ[1]

信濃栗田氏[編集]

信濃栗田氏は、北信地方の武家氏族のひとつ。本姓清和源氏の一系統の河内源氏頼清流村上氏の支流で、村上為国の子寛覚が顕光寺(延暦寺系山門派)別当となり信濃国水内郡(のち上水内郡栗田村に住居して栗田氏となった。鎌倉時代から室町時代までは善光寺園城寺系寺門派)別当職も世襲し、犬猿の関係にあった両社を支配下に置く有力国人となる[2]

  • 治承4年(1180年)9月7日に信濃国市原(現在の長野市若里、市村神社南面の犀川渡河地域と考えられている[要出典])付近で市原合戦が行われた。平家に味方する信濃(中野市笠原)の豪族・笠原平五頼直が源義仲討伐のため、木曾への侵攻を企てた。それを察した源氏方(信濃源氏の名門井上氏の一族)の村山七郎義直や栗田寺別当大法師範覚(長野市栗田)らとの間での戦闘だが決着がつかなかった。この後木曽方が参戦し笠原氏方には越後から城氏が大軍を率いて加勢に駆けつけて横田河原の戦いに発展した[2]

戦国時代初期までは惣領家の村上氏に従っていたが、川中島の戦いでは武田方(善光寺の里栗田)・上杉方(戸隠神社の山栗田)に分裂した[3]

江戸時代には、庄内藩水戸藩松本藩とそれぞれに仕えた。

信濃栗田氏関連人物[編集]

常陸国の栗田氏[編集]

本姓は平氏。家系は桓武天皇を祖とする桓武平氏で、常陸国那珂郡の名族。川崎氏の支流にあたり、下小瀬の古城主・川崎次郎の後裔と伝える。茨城郡六地蔵過去帳に栗田又次郎の名を載せる。家紋は丸に二つ引き、女紋としては九曜の星を用いる。水戸藩栗田寛もこの一族の末裔という[2]。 なお、佐竹氏の家臣としてもこの栗田氏の名が見える[4]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 太田 1934, p. 2186.
  2. ^ a b c 太田 1934, p. 2187.
  3. ^ a b 太田 1934, p. 2188.
  4. ^ 常陸太田市史編さん委員会 1982, p. 192.

参考文献[編集]

関連項目[編集]