核不拡散・核軍縮に関する国際委員会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
核不拡散・核軍縮に関する国際委員会
核不拡散・核軍縮に関する国際委員会が設置されるR・G・ケイシービル
核不拡散・核軍縮に関する国際委員会が
設置されるR・G・ケイシービル
創立者 ケビン・ラッド
福田康夫
団体種類 国際機関
所在地 オーストラリア首都特別地域
キャンベラ市
主要人物 ギャレス・エバンス(共同議長)
川口順子(共同議長)
ウェブサイト International Commission on Nuclear Non-proliferation and Disarmament
テンプレートを表示

核不拡散・核軍縮に関する国際委員会(かくふかくさん・かくぐんしゅくにかんするこくさいいいんかい、英語: International Commission on Nuclear Non-proliferation and Disarmament)は、核兵器の廃絶を目指す国際機関である。

概要[編集]

核不拡散・核軍縮に関する国際委員会東京事務所が設置される外務省庁舎

核不拡散・核軍縮に関する国際委員会は、核兵器廃絶を目指し、その方策を討議、提言する国際機関である。2010年に開催が予定される核拡散防止条約再検討会議に対し、核兵器の削減や廃止に至る手順を盛り込んだ報告書を提出することになっている。

委員会は、拠点をオーストラリア日本の両国の首都に設置している。同委員会の事務局は、オーストラリア首都特別地域であるキャンベラ市に設置されており、オーストラリア外務貿易省の本部であるR・G・ケイシービルに入居している。また、同委員会の東京事務所は、東京都千代田区に設置されており、外務省庁舎に入居している。

組織[編集]

組織の長である共同議長には、オーストラリアの外務貿易大臣を務めたギャレス・エバンスと、日本外務大臣を務めた川口順子の両名が就任している[1]

委員には、アメリカ合衆国国防長官を務めたウィリアム・ペリーや、ドイツ連邦軍総監を務めたクラウス・ナウマンなど、各国の極めて高位の政治家および軍人が就任している[1]。加えて、前述の委員らとは別に諮問委員会が設置されており、アメリカ合衆国の国務長官を務めたヘンリー・キッシンジャージョージ・シュルツや、ロンドン大学キングス・カレッジ戦争学部教授ローレンス・フリードマンらが諮問委員として活動している[2]

沿革[編集]

2008年6月東京都にて開催された日豪首脳会談にて、オーストラリア首相ケビン・ラッド核兵器削減を推進する国際機関の新設を打診した[3]内閣総理大臣福田康夫がこれに賛同し、オーストラリアと日本の両国が先導して新たな国際機関を設置することで合意した[3][4]

このラッドと福田の合意に基づき、日本とオーストラリアの間で結ばれた日豪共同イニシアティブの中に、核不拡散・核軍縮に関する国際委員会の創設が盛り込まれた。これにより、二大核不保持先進国である日本とオーストラリアとが、ともに核兵器廃絶にを目指すことになり、その実現を図るべく核不拡散・核軍縮に関する国際委員会が誕生することになった。

構成[編集]

役職 氏名 出身国 主要な経歴 備考
共同議長 ギャレス・エバンス オーストラリアの旗 オーストラリア 外務貿易大臣
川口順子 日本の旗 日本 外務大臣
委員 アリー・アラタス  インドネシア 外務大臣 2008年12月死去
トゥルキ・アル・ファイサル王子 サウジアラビアの旗 サウジアラビア 総合情報庁長官
アレクセイ・アルバトフ ロシアの旗 ロシア 国家会議軍事副委員長
グロ・ハーレム・ブルントラント  ノルウェー 首相
フレーネ・ジンワラ  南アフリカ共和国 国民議会議長
フランソワ・エズブール フランスの旗 フランス 国際戦略研究所理事長
ジェハンジール・カラマット  パキスタン 統合参謀本部議長
ブラジェーシュ・ミシュラ インドの旗 インド 国家安全保障顧問
クラウス・ナウマン ドイツの旗 ドイツ 北大西洋条約機構
軍事委員会委員長
ウィリアム・ペリー アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 国防長官
王英凡 中華人民共和国の旗 中国 国際連合政府代表部大使
シャーリー・ウィリアムズ イギリスの旗 イギリス 首相顧問
サストロハンドヨ・ウィルヨノ  インドネシア 国際原子力機関理事 2009年1月任命
エルネスト・セディージョ メキシコの旗 メキシコ 大統領
諮問委員 阿部信泰 日本の旗 日本 国際連合事務次長
シュロモ・ベン・アミ イスラエルの旗 イスラエル 外務大臣
ハンス・ブリクス  スウェーデン 国際原子力機関事務局長
ラクダール・ブラヒミ アルジェリアの旗 アルジェリア 国際連合事務総長特別代表
ジョン・カールソン オーストラリアの旗 オーストラリア 保障措置・不拡散部長官
ナビル・ファーミー  エジプト 在アメリカ合衆国大使
ルイーズ・フレシェット カナダの旗 カナダ 国際連合事務総長代理
ローレンス・フリードマン イギリスの旗 イギリス ロンドン大学
キングスカレッジ教授
ロベルト・ガルシア・モリタン アルゼンチンの旗 アルゼンチン ジュネーブ軍縮会議議長
韓昇洲 大韓民国の旗 韓国 外交通商部長官
プラサド・カリヤワサム スリランカの旗 スリランカ 外務省次官補
ヘンリー・キッシンジャー アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 国務長官
近藤駿介 日本の旗 日本 原子力委員会委員長
アンヌ・ローベルジョン フランスの旗 フランス アレヴァ最高経営責任者
マーティン・レッツ オーストラリアの旗 オーストラリア ローウィー国際政策研究所
副所長
パトリシア・ルイス アイルランドの旗 アイルランド 国際連合軍縮研究所所長
アントニオ・マルティーノ イタリアの旗 イタリア 国防大臣
サム・ナン アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 元老院軍事委員長
ロバート・オニール オーストラリアの旗 オーストラリア オックスフォード大学教授
ジョージ・パーコヴィッチ アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 カーネギー財団副理事長
V・R・ラガヴァン インドの旗 インド 統合参謀本部作戦部長
ジョージ・ロバートソン イギリスの旗 イギリス 北大西洋条約機構事務総長
ミシェル・ロカール フランスの旗 フランス 閣僚評議会議長
アダム・ダニエル・ロットフェルト ポーランドの旗 ポーランド 外務大臣
佐藤行雄 日本の旗 日本 国際連合政府代表部大使
ジョージ・シュルツ アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 国務長官
ハンス・バン・デン・ブリュック オランダの旗 オランダ 欧州委員会委員
  • 「主要な経歴」には、軍事分野および外交分野を中心に代表的な役職を記載した。
  • インドネシア出身のアリー・アラタスの死去にともない、サストロハンドヨ・ウィルヨノが任命された。

会議[編集]

  • 第1回会合(2008年10月)
  • 第2回会合(2009年2月)
  • 中南米地域会合(2009年5月)
  • 北東アジア地域会合(2009年5月)
  • 第3回会合(2009年6月)
  • 第4回会合(2009年10月)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b "Commissioners", International Commission on Nuclear Non-proliferation and Disarmament, ACT: International Commission on Nuclear Non-proliferation and Disarmament.
  2. ^ "Advisory Board", Advisory Board - International Commission on Nuclear Non-proliferation and Disarmament, ACT: International Commission on Nuclear Non-proliferation and Disarmament.
  3. ^ a b 「核不拡散・核軍縮に関する国際委員会」『核不拡散・核軍縮に関する国際委員会 / ワードBOX / 西日本新聞西日本新聞社2009年3月16日
  4. ^ 「『核不拡散・核軍縮に関する国際委員会』中東地域会合及び南アジア地域会合開催」『外務省: 「核不拡散・核軍縮に関する国際委員会」中東地域会合及び南アジア地域会合開催外務省2009年9月25日

関連項目[編集]