根井行親

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
 
根井行親
本朝英雄鏡 根井行親.jpg
本朝英雄鏡 歌川芳員
時代 平安時代末期
生誕 不明
死没 元暦元年1月20日1184年3月4日)?
別名 四郎・大弥太郎
主君 木曾義仲
氏族 滋野姓根井氏
父母 父:望月国重
兄弟 望月行重、望月国親、塩川重長、望月重安、
小田切国綱、行親
行長、行直、八嶋行忠、楯親忠(六男)

根井 行親(ねのい ゆきちか)は、平安時代末期の武将木曾義仲揮下の有力家臣にして、義仲四天王の根井行親が木曽義仲の四天王と云われるのは一般的であるが平家物語源平盛衰記では根井行親と盾六男行忠が混同されており保元物語では根井行親は根井大弥太の名前で登場する。年齢的に見ると根井行親の長男で根井小弥太、根井行親の六男盾六男行忠、樋口二郎兼光、今井四郎兼平の四名が四天王とした方がしっくりする。

行親の生まれた望月氏滋野氏の庶流。滋野氏嫡流の海野幸親(滋野行親)と同一人物とする説もある。

保元元年(1156年)の保元の乱では源義朝に従い、活躍したという。

治承4年(1180年信濃国小県郡丸子の依田城で挙兵して以後、義仲に従い各地に転戦、養和元年(1181年)9月水津の合戦で平通盛経正らを破る。

元暦元年(1184年)の宇治川の戦いでは、義仲の命を受け、子・楯親忠源義広らと共に300余騎で宇治の防衛に当たったが[1]、2万5千騎の源義経軍を防ぎきれず宇治川を突破された。この際、一族の武将らに前後して敗死したとされている。この戦いでは先陣を焦った頼朝方の武将畠山重忠の馬(磨墨)を射たという。

同年1月26日、義仲や今井兼平、高梨忠直らと共に東洞院の北にある獄門の木に梟首された[2]

長野県佐久市には、行親の供養塔と伝わる多層塔が現存する[3]

脚注[編集]

  1. ^ 『史料綜覧』第3編之903 703頁
  2. ^ 『史料綜覧』第3編之903 704頁
  3. ^ 正法寺多層塔 (PDF)”. 佐久市教育委員会. 2016年9月19日閲覧。

出典[編集]

  • 『後鳥羽天皇紀』(元暦元年正月上 一・元暦元年正月下 二)
  • 『源平盛衰記』
  • 『吾妻鏡』