根本健一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
根本健一
出生名 根本健一
別名 KEN
生誕 (1968-02-19) 1968年2月19日(52歳)
出身地 東京都大田区
ジャンル ロック
パンク・ロック
職業 ミュージシャン
ベーシスト
作曲家
音楽プロデューサー
担当楽器 ベース
活動期間 1988年-
共同作業者 SA
公式サイト http://nemoken.com/
著名使用楽器
リッケンバッカーフェンダー, エドワーズ

根本 健一(ねもと けんいち、1968年2月19日 - )は、日本のミュージシャン東京都大田区出身。『KEN』名義で活動。愛称は『ネモケン』。SAベースを担当。

メインで使用しているベースは、LAUGHIN' NOSEのPONから譲り受けた、リッケンバッカーの1976 Rickenbacker 4001。

人物・経歴[編集]

祖母の影響で、8歳から藤本流の三味線を始め、高校入学前には名取りになる。中学1年の年末に、80'YMOのワールドツアー凱旋ライブを観て、シンセサイザーを始める。

1988年、19歳の時にThe Pepper Boysで、ソニー・ミュージックレコーズよりデビュー。その後、1992年にDOG FIGHTで、ポニーキャニオンよりデビュー。

1997年頃からFEEL、森岡賢、ソフトバレエ、ENDS、高橋克典、篠原りか、等のサポートでツアーやレコーディングに参加。その傍ら、BLue-Bwyse、CLOUD等ビジュアル系バンドのアルバム、シングルをサウンドプロデュース、楽曲も提供。

Say a little prayer、S.D.B.B等の制作ディレクターも務める。

2001年10月1日から2002年3月25日に日本テレビで放送されたテレビアニメ作品『旋風の用心棒』のエンディングテーマのアレンジを担当。

その他、ホンダ・インテグラのCM音楽制作などを行う。

2002年から、パンクバンドSAにベーシストとして参加。

平行してKimeru田村直美タツマキ渡瀬マキ久宝留理子喜多村英梨等のツアーサポートやレコーディングに参加。 CM、ゲーム、映画、ドラマ等の音楽制作に携わる。

参考文献[編集]

  • PUNK ROCK ISSUE Bollocks No.009SANDINISTA! Co.,Ltd.、2013年7月27日初版発行。ISBN 978-4-944124-66-4。 
  • NEMOKEN.COM -BASS PLAYER KENICHI NEMOTO-”. 2013年11月7日閲覧。