格闘技オリンピック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
硬派er~'92格闘技オリンピックⅠ
イベント詳細
シリーズ 格闘技オリンピック
主催 正道会館
開催年月日 1992年3月26日
開催地 日本の旗 日本
東京都渋谷区
会場 東京体育館
開始時刻 午後6時30分
試合数 全7試合
入場者数 8500人
イベント時系列
硬派er~'92格闘技オリンピックⅠ 格闘技オリンピックII

硬派er-'92格闘技オリンピックⅠ(こうはー92かくとうぎオリンピックワン)は、正道会館主催の格闘技大会。1992年3月26日、東京体育館で開催された。

大会概要[編集]

正道会館がUSA大山空手との対抗戦「USA大山空手vs正道空手5対5マッチ」に続き開催したプロ大会。業務提携していたリングスの協力と、各国様々なジャンルから選手を集めルールも多種にわたった実験的大会。

試合結果[編集]

スペシャルエキシビジョン リングスルール 5分
日本の旗 前田日明(リングス) vs. 日本の旗 木村浩一郎(サブミッション・アーツ・レスリング)
第1試合 総合格闘技特別ルール 3分4R (1R、3Rは素手による掌底顔面攻撃OK、2R、4Rはグローブ着用)
日本の旗 市原海樹大道塾) vs. オランダの旗 ピーター・スミット(リングス・オランダ) ×
3R 2:42 KO(ローキック)
第2試合 リングスルール 3分5R
× 日本の旗 西良典慧舟會) vs. オランダの旗 ヘルマン・レンティング(リングス・オランダ) ○
5R終了 判定
第3試合 リングスラウンド制ルール 3分5R
日本の旗 平直行シュートボクシング) vs. オランダの旗 エリック・エデレンボス(リングス・オランダ) ×
1R 1:33 TKO(レフェリーストップ:アームロック
第4試合 キックボクシングルール 3分5R
オランダの旗 ロブ・カーマンキックボクシング) vs. オーストラリアの旗 アダム・ワット (正道会館)×
2R 2:18 KO(左ボディアッパー)
第5試合 フルコンタクト空手ルール 2分3R
日本の旗 角田信朗(正道会館) vs. アメリカ合衆国の旗 ウィリー・ウィリアムス(USA大山空手) △
3R終了 引き分け
メインイベント 空手&キック ミックスルール 3分4R(1R、3Rはキックルール、2R、4Rは空手ルール)
日本の旗 佐竹雅昭(正道会館) vs. アメリカ合衆国の旗 モーリス・スミスWKA世界ヘビー級王者) △
4R終了 ドロー
  • 3R、スミスが佐竹から2度ダウンを奪い内容的にはスミスの圧勝だったが、KO、試合放棄以外は勝敗を決さないという規定のルールの為、裁定はドローとなった。

その他[編集]

大道塾の参戦が決まり、長田賢一と市原海樹が出場に名乗りをあげたが、大道塾の枠が1人だった事と、長田は復帰戦に向け92年4月からオランダ武者修行が決まっていたため、若手実力ナンバーワンの市原の参戦が決定した[1]

脚注[編集]

出典
[ヘルプ]
  1. ^ 平成4年5月5日発行 格闘技通信5月号増刊 3.26格闘技オリンピック速報号34ページ