桂ひな太郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

桂 ひな太郎(かつら ひなたろう)は、芸人の名跡。この項では1952年生まれの落語家について記述する。

  • 桂 雛太郎 - のちの桂文鏡
  • 桂 雛太郎 - のちの秋風亭米枝
  • この他の雛太郎ひな太郎の名は、桃月庵雛太郎の項を参照。亭号は桃月庵や桃月亭、桂、柳亭などさまざまなものが使われている。代々音曲師や色物の芸人が名乗った。

かつら ひなろう
本名 武藤 幸男
生年月日 (1952-09-08) 1952年9月8日(67歳)
出身地 日本の旗 日本群馬県安中市
師匠 3代目古今亭志ん朝
9代目桂文楽
名跡 1. 古今亭志ん坊(1977年 - 1981年)
2. 2代目古今亭志ん上(1981年 - 2001年)
3. 桂ひな太郎(2002年 - )
出囃子 越後獅子
活動期間 1977年 - 2001年
2002年 -
活動内容 落語家
所属 落語協会
受賞歴
NHK新人演芸コンクール最優秀賞(1988年)
第13回国立演芸場花形演芸大賞(1993年)

桂 ひな太郎(かつら ひなたろう、1952年9月8日 - )は、群馬県安中市出身の落語家落語協会所属。本名は武藤 幸男出囃子は『越後獅子』。

略歴[編集]

自称、落語界の坂東玉三郎、または病み上がりの舟木一夫と称している。

得意ネタ[編集]

参考文献[編集]

  • 諸芸懇話会、大阪芸能懇話会共編『古今東西落語家事典』平凡社、ISBN 458212612X