桂ぽんぽ娘

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
桂 ぽんぽ娘かつら ぽんぽこ
桂 ぽんぽ娘
結三柏は、桂文枝一門の定紋である。
本名 石川 百合子
生年月日 (1979-08-22) 1979年8月22日(39歳)
出身地 日本の旗 日本東京都葛飾区
師匠 桂文福
活動期間 2006年 -
活動内容 上方落語
所属 よしもとクリエイティブ・エージェンシー
公式サイト 公式サイト
備考
上方落語協会会員

桂 ぽんぽ娘(かつら ぽんぽこ、1979年8月22日 - )は東京都出身ながら上方で活躍する女流落語家よしもとクリエイティブ・エージェンシー所属(大阪)。上方落語協会会員。本名、石川 百合子[1]

来歴[編集]

  • 実家は魚屋。
  • 昭和女子大学短期大学部食物科学科卒業[1]。栄養士の免許を保有[1]
  • 東京で東京太・ゆめ子に入門[2]おさなぎ色として8年間下ネタを取り入れたメイド漫談を演じていた。破門後[3]、名古屋の大須演芸場に出演していた時に桂文福と出会い[3]、2006年10月入門。2010年11月、師の一門ごとよしもとクリエイティブ・エージェンシーに所属する。
  • 上方で唯一の女流江戸弁落語家である。江戸弁を駆使する上方女流芸人は浪曲師の春野恵子桂さろめ、ぽんぽ娘の3人のみ。
  • 落語家・講談師のユニット「セブンエイト」のメンバー。同ユニット主催のイベント「7時だヨ!8人集合」に出演している。[4]

人物・エピソード[編集]

  • 師匠の名が「文福」[1]、総領弟子が「茶がま」。三番弟子が「まめだ」(豆だぬきを表す関西方言)と、「タヌキ」にちなんだ名前がよくつけられる一門に属する。「ぽんぽ娘」も、もちろんその一つとして命名された。先代の桂ぽんぽこ(鈴木信作)がいたが廃業している。
  • 師匠文福に大変可愛がられる一方、兄弟子のまめだは適当にあしらわれている、と同門の落語家のネタになっている。
  • 東京時代に公私ともに世話になった、落語家の立川吉幸を白馬の王子様と称して慕っている。吉幸は彼女の漫談のネタでよく登場した。
  • 前の旦那とはセックスレスだったため、ぽんぽ娘の浮気が原因で離婚。2011年11月3日に再婚し、現在、子供が1人いる[5]
  • 下ネタ全開のピンク落語を得意とする[6]。ただし、桂文枝から「桂の名前が欲しいならやめたほうがいい」と忠告を受けたことがあるという。
  • 2018年6月9日夜、東海道新幹線のぞみ265号車内で3人が殺傷される事件が発生した際[7]、隣の車両に乗り合わせており、事件発生当初からツイッターに現場の様子を投稿した[8]。また、当日夜から翌日にかけての『NHKニュース』『モーニングショー』では「13号車の乗客」としてインタビュー出演していた。

出演[編集]

テレビ[編集]

ラジオ[編集]

イベント[編集]

  • 週プレ酒場ならではの女流落語会(2017年、歌舞伎町・週プレ酒場)[10]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d 落語家名鑑”. 天満天神繁昌亭. 2016年12月8日閲覧。
  2. ^ 講師一覧:桂ぽんぽ娘”. 講演依頼.com. 2018年10月25日閲覧。
  3. ^ a b 雷門獅篭 (2012年12月20日). ご勝手名人録. ぶんか社. pp. 63-73. ISBN 978-4-8211-4348-1. 
  4. ^ 噺家プロフィール”. ~セブンエイト~7時だヨ!8人集合. 2016年12月8日閲覧。
  5. ^ 桂ぽんぽ娘 プロフィール”. 講演依頼.com. 2016年12月8日閲覧。
  6. ^ “上方落語界の要注意人物”桂ぽんぽ娘、自身の不倫と離婚を語る”. お笑いナタリー (2016年5月6日). 2016年12月8日閲覧。
  7. ^ “新幹線のぞみ車内で切られ1人死亡、2人重傷 男を逮捕”. 朝日新聞デジタル (朝日新聞社). (2018年6月9日). https://www.asahi.com/articles/ASL697HHCL69UTIL02P.html 2018年6月10日閲覧。 
  8. ^ “桂ぽんぽ娘、事件の新幹線に乗車…SNSに「はやく捕まえて」 一夜明け落語会出演”. デイリースポーツ online (株式会社デイリースポーツ). (2018年6月10日). https://www.daily.co.jp/gossip/2018/06/10/0011341833.shtml?pu=20180610 2018年6月10日閲覧。 
  9. ^ ゆりやんレトリィバァ司会。他にも、尼神インター蛙亭・岩倉、シュークリーム、バターぬりえ人妻ニャンコ、堀川絵美、横澤夏子がツアー参加者として出演していた。
  10. ^ 評判の女流落語家3名が週プレ酒場に! 談志に男と間違われ、元アイドル候補生、ピンク落語…三者三様の個性がキラリ☆”. 週プレNEWS (2017年8月8日). 2017年10月25日閲覧。

関連項目[編集]