桂三輝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
かつら 三輝さんしゃいん
Sunshine Katsura
.mw-parser-output ruby>rt,.mw-parser-output ruby>rtc{font-feature-settings:"ruby"1}.mw-parser-output ruby.large{font-size:250%}.mw-parser-output ruby.large>rt,.mw-parser-output ruby.large>rtc{font-size:.3em}桂(かつら) .mw-parser-output ruby>rt,.mw-parser-output ruby>rtc{font-feature-settings:"ruby"1}.mw-parser-output ruby.large{font-size:250%}.mw-parser-output ruby.large>rt,.mw-parser-output ruby.large>rtc{font-size:.3em}三輝(さんしゃいん) Sunshine Katsura
桂三輝
本名 グレゴリー・ロビック
Gregory Robic
別名 カナダ亭恋文
楽喜亭三陀
生年月日 (1970-04-06) 1970年4月6日(50歳)
出生地 カナダの旗カナダオンタリオ州トロント
師匠 六代桂文枝
活動内容 英語落語
所属 よしもとクリエイティブ・エージェンシー
公式サイト 公式instagram:Katsurasunshine/ 公式ホームページ
備考
上方落語協会会員

桂 三輝(かつら さんしゃいん、1970年4月6日 - )、本名グレゴリー・ロビック: Gregory Robic)は、落語家カナダオンタリオ州トロント生まれ。トロント大学卒業。上方落語協会会員。現在は、活動の拠点をニューヨークに置いている。

来歴・人物[編集]

両親はスロベニア人[1]

トロント大学にて古典演劇を専攻し、劇作家・作曲家としてカナダの大学院在学中に初ミュージカル作品「Clouds」を制作、トロントの劇場で15か月間のロングラン公演となり、カナダ人制作のミュージカルとしては最長記録となっている。

日本の伝統芸能であるに興味をもち1999年に来日。2003年からカナダ亭恋文(かなだていらぶれたー)や楽喜亭三陀(らっきーていさんだー)を名乗ってアコーディオン漫談や英語落語で活動を始める。2007年に大阪芸術大学大学院芸術研究科に入学し、相羽秋夫のもとで創作落語を研究。2008年9月1日、桂三枝(現:六代桂文枝)に弟子入し桂三輝と命名される。2009年4月26日、カナダにて英語落語で初舞台[2]。その後は上方落語会初の外国人噺家として落語修業中。他に、同じ外国人のリー5世との漫才M-1グランプリに挑戦したり、先輩落語家らの依頼で古典落語を英語に翻訳したりする活動も行っている[3]

あなたの街に住みますプロジェクトで、2011年11月から三重県伊勢市河崎古民家に居住。その古民家を改装し、2012年6月17日に寄席小屋「伊勢河崎輝輝亭」(いせかわさきききてい)をオープンさせた[4][5]

2013年8月7日、カナダ大使館でカナダ文化大使就任と8月から10月にかけて北米(アメリカ、カナダ)での巡回公演の発表が行われた[6][7][8][9]

2014年7月29日から7か国で39公演を行うワールドツアーを開催[10]

2015年、日本スロベニア親善大使に就任[11]

2017年9月〜10月にはロンドン・レスタースクエアシアター(Leicester Square Theatre)にて3週間の落語ロングラン公演を実施。その後、11月〜12月にはニューヨーク・ソーホープレイハウス(SoHo Playhouse)にて3週間のロングラン公演を成し遂げた。 修行後より、英語、フランス語を駆使したワールドツアー公演を独自に開始し、5年でアメリカ、カナダ、イギリスフランスオーストラリアシンガポールスリランカ香港タイネパールガーナセネガルガボン南アフリカでの五大陸15ヵ国を制覇。世界に向け日本文化の発信を続けている。

2020年5月、米ニューヨークのオフブロードウェーの芸能賞「第10回オフブロードウェー・アライアンス・アワード」の「最優秀ユニーク演劇体験」部門にノミネートされたが、受賞は逃した[12]

主な出演番組[編集]

主なレギュラー番組[編集]

  • キャッチ!』(2012年4月 - 、中京テレビ 毎週木曜日「桂三輝のわんだふるニッポン」コーナーレギュラー)
  • とってもワクドキ!』(2012年6月‐、三重テレビ放送、月1回木曜「桂三輝の勉強させていただきます」コーナーレギュラー)
  • 『伊勢市テレビ広報「絆」』(2012年6月‐、iTV行政チャンネル、毎月第1、第3土曜日更新「桂三輝の伊勢で一席」のコーナー[13]
  • 『Dive into Ukiyo-e』(2015年〜NHK WORLD)

CM[編集]

[編集]

  1. ^ Slovenians in Osaka!!!!!!!!
  2. ^ 桂三枝ブログ
  3. ^ 桂三輝氏による英語落語公演開催
  4. ^ “念願の寄席オープン…カナダ出身・桂三輝さん”. YOMIURI ONLINE. (2012年6月20日). http://www.yomiuri.co.jp/otona/news/20120620-OYT8T00442.htm 2012年6月20日閲覧。 
  5. ^ 伊勢 寄席小屋、自宅に開く 桂三輝さん落語を披露伊勢新聞2012年6月19日
  6. ^ カナダ人落語家の桂三輝が北米巡回公演:日刊スポーツ2013年8月7日
  7. ^ 文枝の創作落語を世界に 『カナダ人落語家 桂三輝 北米巡回公演及びカナダ文化大使就任発表会見』:2013年8月7日
  8. ^ 文枝落語世界へ!弟子三輝が北米ツアー:デイリースポーツ2013年8月8日
  9. ^ 文枝の弟子三輝がカナダ凱旋巡業 落語北米30公演:スポニチ2013年8月8日
  10. ^ 文枝弟子・桂三輝が世界ツアー!「師匠の落語を世界に広めたい」:スポニチ2014年7月20日
  11. ^ 桂三輝、日本スロヴェニア親善大使就任 語学習得にも意欲”. ORICON (2015年6月2日). 2015年6月2日閲覧。
  12. ^ “落語家、桂三輝は受賞ならず 米オフブロードウェー芸能賞”. SANSPO.COM (産経デジタル). (2020年5月20日). https://www.sanspo.com/geino/news/20200520/geo20052001210007-n1.html 2020年5月20日閲覧。 
  13. ^ 伊勢市インターネット放送局
  14. ^ 伊勢の住みます芸人の桂三輝さん、師匠と「ほっともっと」CMで脂汗共演
  15. ^ ACジャパンの2019年度広告が完成 7月から放送スタート - AdverTimes

関連項目[編集]